遠距離恋愛に疲れた?彼の態度が冷たくなったと感じるのは別れの前兆

恋愛

遠距離恋愛が長くなると、お互いに遠距離恋愛に疲れを感じることがあります。

何しろ、会うための移動だけでも時間もお金もかかるので、恋愛するために仕事も頑張らないといけなくなります。

彼に会いに行くためにまとまった休みを取りたくて、休みやすい状況を作るために仕事をバリバリ頑張ってみたり、交通費を稼ぐために本業以外にアルバイトしている人もいます。

あまり頑張ってしまうと疲れてしまうので、頑張り過ぎは注意したいものですね。

それでも彼のことを好きな気持ちには変わりなく、遠距離恋愛でも頑張ろうと思っている時に彼の態度が冷たくなってしまったらすごく不安になりますよ。

せっかく二人で遠距離恋愛の寂しさや切なさを分かち合って乗り越えてきたのに・・もしかして別れの前兆なのかな。

遠距離恋愛が終わりに近い時の相手の態度について解説します。

スポンサーリンク

遠距離恋愛の彼の態度の変化チェック

遠距離恋愛がスタートした当初と比べて、彼の態度が冷たくなったと感じるのはどんな点でしょう。

当てはまることはあるでしょうか。

連絡の回数が激減する

一日何度もメールやLINEをしていたり、帰宅後には欠かさず電話していたのに、連絡を取り合う頻度が急に減ってしまったら不安になるのも当然です。

もともとがこまめな連絡をするタイプだったのなら、彼の気持ちが冷めかかっていることが考えられます。

ただ、もしもマメな性格じゃなくて連絡するのもマメじゃなかった場合は、ただこまめな連絡をするのに疲れてしまっただけかも知れないので、連絡の回数ではなくメールや会話の内容が冷たくなっていなければ心配ないでしょう。

お泊りデートを断る

遠距離恋愛だと日帰りデートが厳しいこともあるため、一泊デートじゃないとゆっくり会えないのに、泊まるのを拒むようになったら少し危険度が増します。

宿泊を伴うデートにはお金もかかるし、時間的な束縛もあるので、それを嫌がっていると考えられるからです。
最悪のケースでは、すでに他に付き合っている人がいて、泊まるデートをするとそちらにバレるのを嫌がっていることも想定されます。

デート代をケチる

遠距離恋愛では、交通費や宿泊代など費用の負担が大きいので、二人で話し合って出費を考えていたのに、お金がないからという理由でデートを先延ばしにしたり、デート代をケチって家デートばかりになってしまったとしたら、遠距離恋愛にかなり疲れていると思われます。

彼女のことが嫌いになったわけじゃなく、お金の使い方に疑問を感じ始めているのでしょう。

そろそろ遠距離恋愛を次のステップに進める頃なのかも知れません。

休みを合わせなくなった

仕事終わりのアフターファイブに待ち合わせしてデートできるわけじゃないので、遠距離恋愛では相談して予定を合わせないとデートもできません。

遠距離恋愛も長くなると、「休めない」とか「もう予定がある」などとデートよりも仕事や友達との予定を優先するようになると危険信号です。

遠距離恋愛では頻繁に会えるわけじゃないので、マンネリ化はあまりないはずなのに予定を合わせてまでデートする気が起こらなくなったというのは飽きていると考えられます。

スポンサーリンク

疲れているを連発する

電話で話していても「疲れたからもう寝るよ」と早々に電話を切ろうとしたり、デートしていても「疲れたからもう帰ろうか」など、疲れているというワードを連発するようになるのも危ないです。

ホントに身体が疲れていることもあるかも知れませんが、心が疲れていて気力を失っているのではないでしょうか。

遠距離恋愛が嫌になったとか、彼女のことが好きじゃなくなったわけじゃなくても、仕事でストレスが蓄積していてうつ病を発症しているかも知れません。

「疲れている」を連発するようになったら、一度メンタルの状態を診てもらうようにさりげなく促してみると良いのではないでしょうか。

出来事を報告しなくなる

今までは、その日にあった出来事を報告し合ってお互いに安心してきたのに、日々の報告をしなくなったとしたら、遠距離恋愛に飽きたのではなく慣れたと思った方が良いでしょう。

子供みたいにその日に起こったことを親に報告するようなことしなくても、信頼し合っているから安心できるようになったので、細かい報告をしなくなった可能性が高いです。

記念日を忘れる

二人の記念日を忘れてしまうようになったら、遠距離恋愛じゃなくても倦怠期のサインです。

別れの前兆と言うのは大げさですが、少し刺激になるカンフル剤が必要な時期なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

熱量の違いが不安になる

遠距離恋愛には不安はつきものだとしても、急な態度の変化には焦ります。

長い恋愛期間になれば、色々あるのは当たり前ですが、相手を不用意に不安にさせるのは勘弁して欲しいですよね。

私も遠距離恋愛中に彼の態度が激変して焦りまくったことがあります。

その理由を後から話してもらったのですが、私が遠距離恋愛だから「寂しい」とか「不安だ」とか言い過ぎていたので、少し放置して強くなって欲しいと思ったんだとか・・。

意味は分かりますが、何の説明もないまま急に連絡しない日が続いたり、電話してもそっけなく切られたりすれば不安でパニックになりますよ。

私は二人の気持ちが同じ温度だと思っていたけど、どうやら私の方が熱くなっていたので、彼はクールダウンさせるつもりだったようです。

もしも彼の態度が激変しても、それが別れの前兆じゃないこともあるので、パニックにならないように少し冷静になりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

遠距離恋愛を終わらせる時に、連絡する頻度をどんどん減らして自然消滅させようとする人がいます。

自然消滅は気持ちの区切りもつけられないし、未練も残りやすいので、彼の態度が変化して不安になったのなら、二人の関係についてゆっくり話し合う時間を作ることが大切なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました