彼氏ができると告白してくる男の心理!なぜこのタイミングなのか!

恋愛

彼氏ができて、ラブラブな毎日を送っていると、今までまったくアプローチしてこなかった男友達などが、急に告白してくるとことってありませんか?

今まではそんな素振りをまったく見せなかったのに、なぜ彼氏ができた途端に告白するのか・・・。

どうして今なの?って思ってしまいますよね。

もしかして隠していたのか、それとも彼氏ができて急に焦ったのかわかりませんがタイミングが悪過ぎます。

恋人ができた途端に、急にモテ期がやってくるのはなぜなのか、不思議に思ったことがある人は、ぜひ一緒に考えてみてください。

スポンサーリンク

彼氏ができると告白する男の心理

今までは自分に興味を持っている素振りも見せなかったくせに、彼氏ができた途端に告白してきた男の心理に迫ってみます。

保険のつもりだった

興味なさそうにしていたけど、ほんとは保険のつもりでキープしていたのでしょう。

寂しい時とか、失恋した時とか、暇な時にそばにいてくれる存在だと思われていたのかも知れません。

それが急に他の男性の彼女になったので、保険がなくなって心細さから告白するのです。

どうしても彼女にしたい女性ではなかったはずなので、一時的な焦りからの行動だと思います。

きっとまた他の女性をキープするだけなので、しばらく様子を見ていると本性が見えるはずです。

逃した魚が大きく見えた

昔から言われるように、失ってから大切さに気が付く・・というパターンです。

あまりにも典型的であり、自分勝手な気持ちです。

他の人の彼女になってから、急にその人の魅力が見え始めるのでしょう。

ただ、近くにいる時に大切さに気が付かないのは、恋愛以外でも同じです。

そういう気持ちはきっと誰にでもあるのかも知れませんね。

失ってから気が付いても手遅れですが、諦めの悪さが告白という行動をさせてしまうのでしょう。

調子に乗っていた

急に告白してきた男性に対して、好意を持っていた時期があるのなら、その人は調子に乗っていたのでしょうね。

「どうせ俺のこと好きなんだろ」
「ずっと俺のそばにいるんだろうな」

こんな気持ちで調子に乗っていたのです。

少しやさしい態度で接してあげれば、自分から離れることもなく、ずっと好きで居続けると思い込んでいたのでしょう。

だから彼氏ができたことで、まるで裏切られたようなショックを受けてしまったのです。

自分に自信があるので、プライドを傷つけられたことへの焦りから、奪い取ろうとするのだと考えられます。

彼氏への対抗心

もしも付き合うことになった彼氏が、告白してきた男性の友達だったり知人だった場合は、対抗心が原因のこともあります。

付き合いたいから告白したのではなく、対抗心を持っている相手に負けたくないという気持ちが生んだ行動です。

負けず嫌いな性格だとしても、関係のない人を巻き込んでまで対抗心を燃やすのは迷惑な話ですね。

どう応じるべきなのか

もしも告白してきた男性の方が、付き合い始めた彼氏よりも好きだったのなら、心は大きく揺れるのが当然です。

ずっと片思いしてきた人であれば、彼氏と別れてその人と付き合いたい衝動に駆られるのもわかります。

ですが、一度立ち止まって考えてみましょう。

他の人の彼女になって慌てて告白するということは、それまでは行動できなかったわけです。

たしかに失ってからはじめて存在の大きさに気付くことは、誰でも経験することです。

ですが、幸せになろうとしている人の心にズカズカと入り込むのは、とても自分勝手な行動です。

相手の気持ちなんて考えもしない自己中心的な人とも言えるでしょう。

もしもその人と付き合うようになっても、きっと苦労が多いと想像できます。

お付き合いしようと決めた相手の心を傷つけてでも、どうしてもその人を選ぶと決めたのなら、これからも自分勝手な人に振り回される覚悟が必要でしょう。

欲を出してはダメ

彼氏ができた途端に他の男性に告白された時に、一番してはいけないのは欲を出して二股をかけることです。

断ってしまうのが勿体ないと一瞬は頭をよぎるのはわかります。

ですが、そんな欲張りな考え方をしていると、2人とも失う結果になりかねません。

もしも後から告白してきた相手のことを本気で好きだと気が付いたのなら、彼氏には正直に話して別れてからきちんと考えるべきではないでしょうか。

キレイ事だと思うかも知れませんが、欲ばりな考え方をしても、全てを手に入れることはできないのです。

まとめ

彼氏ができた途端に告白する男の気持ちは、かなり身勝手でわがままです。

相手の気持ちを考えることができないので、そういう行動に出てしまうのでしょう。

自分自身が幸せになることだけを考えて、心の乱れを早く整えるようにして欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました