恋人のいる男性を狙う女性の本心とは!彼女がいても諦めない理由!

恋愛

もしかしたら、あまたの周りにもいるのではないでしょうか。

好きになった男性に彼女がいたとしても、諦めずにチャンスを待ち続ける人。

恋人がいる人を好きになることが悪いわけじゃないですが、諦めないで密かに狙い続けるのは、略奪する気満々に見えてしまいます。

恋は早い者勝ちではないので、奪うのもアリと思っている人のことね

いるよ、横取りは悪くないと思ってる人

結婚していないなら略奪は罪じゃない!という価値観は理解できないな

たしかに結婚しているわけじゃないなら、恋人がいても好きになるのは自由ですし、結果的に略奪することになっても罪には問われません。

恋は先着順ではないという価値観を持っていて、強引に奪わずとも好きな人を手に入れることができるのなら、彼女モチでも諦めない人が多いのです。

彼女モチを諦めずに狙い続ける女性の心理や本音を聞いてみました。

スポンサーリンク

彼女モチを諦めない理由

恋愛に対する考え方や価値観は人それぞれです。

彼女がいる人は、はじめから恋愛対象から外す人もいます。

どうしても好きになってしまったとしても、はやりモラル的に略奪がダメだと思って諦める人もいます。

そんな中で、彼女モチでも諦めずに狙い続けるのには、どんな理由があるのでしょうか。

真剣な気持ち

彼女がいるとわかっても、本気で好きになった人は簡単に諦められないというのが一番の理由です。

自分の気持ちに正直ななだけで、人のものを欲しがる悪い女というイメージとは違います。

人の彼氏だからちょっかいをかけて、手に入ったら興味を失ってしまうような魔性の女はごく一部なのです。

待つだけならリスクがない

好きになった人に彼女がいたとしても、別に心の中で密かに想っているだけなら問題ありません。

そのうち、2人が別れるかも知れません。

別れるようにわざわざ仕向けるようなことをしなくても、ただ待っているだけでも可能性があるのです。

可能性がゼロじゃないのに、好きな気持ちを消すことはできないから諦めないという理由です。

しかも、待っている間に他に好きな人ができれば、それで片思いは終了です。

何のリスクもないので、ただ待つだけで密かに狙い続けているのでしょう。

ライバルは少ない

彼女がいるとわかった途端に諦める人が多いので、彼女モチはライバルが少なくなります。

彼女モチというだけで恋愛対象から外してしまう人には、盲点ではないでしょうか。

「あの人、彼女いるのよね」と諦めモードになっている人を横目に見ながら「それで諦めるの?勿体ない」と思っている人もいるわけです。

たしかに、フリーの素敵な男性はライバルが多いので、勝ち残る可能性は低くなります。

その点、彼女モチというだけでライバルが少なくなるなら、諦めるのは惜しい気がしますよね。

彼女モチを狙う女性に共感できる?

恋人がいるとわかっているのに、好きになった男性を諦めない人の本音や価値観を知ると、「なるほど」と納得できる人もいると思います。

今までは世の中のルールとして、彼女モチは諦めるのが常識だと思い込んでいた人にとって、驚きもあるでしょうが、共感できる点もあるのかも知れません。

とくに「待つだけならリスクはない」のは誰も傷つけないので、責められることはないのです。

恋人から無理やり奪い取るようなことはできないけれど、密かにチャンスが巡ってくるのを待つだけの片思いなら、悪いとは言えないのではないでしょうか。

待っているだけで終わるかも知れませんし、待っている時間をムダにしてしまったと後悔するかも知れません。

そう思うのが嫌だから、彼女モチは諦めた方が良いと考える人もいるので、どちらが正解とは言えないのですよね。

スポンサーリンク

後悔しないことが大切

彼女モチを諦めるのか、それとも密かに狙い続けるのか、どちらを選ぶのかは自分次第です。

どちらにしても、後から悔やむ結果にならないように、じっくり自分の気持ちと向き合うことが大切だと思います。

ただ、友達の彼氏だったり、既婚者だったりした場合は、自分の気持ちだけで突き進んでも傷つく人がいます。

誰も傷つけない方法なんてきれい事かも知れませんが、人を傷つければ、自分自身にも必ず返ってきます。

諦めない気持ちで狙い続けるとしても、モラルに反するような強引な略奪ではなく、自然な結果として願いが叶うように待つことができればいいですね。

まとめ

彼女がいる男性を好きになることだけで、悪い女と決めつけてしまう人もいますが、気持ちに嘘をつけない正直な人と考えれば、悪い女とは言えないと思います。

ただ、自分の気持ちを押し通すために、周囲を振り回したり、欺いたり、裏切ったりして傷つけることはおすすめできません。

好きな気持ちを大切にしつつ、彼の状況が変化するのを気長に待ってみるのも1つの方法ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました