告白の返事を保留したまま会い続ける男性の本心!ただのキープかも?

恋愛

女性から告白されて、その場ではっきりと断る男性はどのくらいの割合なのでしょう。

「ごめんなさい」とはっきり断れるのは、女性の方が多いような気がします。

男性の方がやさしいから断れないのか、それとも決められないからはっきり言えないのでしょうか。

なぜこんなことを考えてしまうのかというと、告白しても返事を保留されたまま何か月も過ぎているという悩みを相談されたからです。

そういう話はたまに聞きます。
じつは過去に私も似たような経験があったので、その時のことを思い出しながら考えてみました。

同じような悩みを抱えている方がいるのなら、何かヒントを見つけられるように一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

告白を保留された体験談

私が相談を受けた人のケースでは、告白した相手とはまだ知り合って1ヶ月くらいでした。

合コンで知り合って、ほぼ一目惚れに近かったので、1ヶ月くらいの間にも気持ちがどんどん盛り上がっていったようです。

告白までの1ヶ月の間にはLINEでのやり取りの他に、2回会って1時間くらいお話しをしたそうです。

そして2回目に会った帰り際に「付き合って欲しい」と女性側から告白しました。

相手の男性は「ありがとう」という言葉の後に「まだお互いのことをよく知らないから、もう少し返事は待って欲しい」と言われたそうです。

この話を聞いた時は、何となく男性側の保留する気持ちも理解できました。

たぶん、彼女と彼とでは、人を好きになるスピードが違うのでしょう。

女性は一気に燃え上がり、男性はゆっくりと時間をかけて好きになるタイプなのだと思います。

私も以前に同じようなことがありました、その時は保留されたまま半年近く待って、煮え切らない態度だったので私から告白を取り消しました。

相談を受けた女性が困っているのは、保留のまま返事を聞けない状態が続いているのに、その相手から食事などの誘いを受けることに戸惑っているのです。

何度か会っているうちに、好きになるのか、それとも付き合う対象ではないのか判断するためだと思うので、不可解ではありません。

ただ、女性側としてはまるで彼女として相応しいかどうか面接を受けているような気持ちになるので、会うのが怖くなるというのです。

好きになる速度がかなりズレているだけだとしても、不安にさせるのが恋なのでしょうね。

保留されたのに会い続けるのは?

告白されてもすぐに返事をせずに、ひとまず保留というカタチにしながらも、その後も会い続ける理由は色々です。

相談を受けたケースの場合は、慎重に考えるタイプであり、相手のことをちゃんと知った上で付き合いたいからこそ、付き合う前にもう少し時間をかけたいだけだと思います。

ですが、そうじゃない理由もあるので、保留のままで中途半端な状態が続くなら気を付けなければいけません。

スポンサーリンク

返事を保留にする男性側の理由

告白されてもすぐに返事ができず、断るわけでもなく保留したままの状態を続ける理由として考えられるものをあげてみましょう。

好きになるスピードがゆっくりな人だから・・という理由じゃないのなら、保留のまま待つだけ無駄になってしまうかも知れません。

どのような理由で保留にして、いつまで待てばいいのか、道筋が見えない不安にどう立ち向かうべきか考えてみます。

元カノへの未練がある

別れた恋人に未練が残っていて、新しい恋を始めるのをためらっている場合は、時間が解決する可能性もあります。

ただ、保留にしたまま会い続けるのは、元カノと別れた寂しさを埋めるために利用されていることもあります。

恋人と別れてまだそれほど時間が経っていないのか、確かめられるのならさりげなく聞き出してみてください。

元カノへの未練をひきずったまま付き合うのが失礼だと思っているのなら、何度か会っているうちに新しい恋を始める気持ちになる可能性もあります。

叶えたい夢や目標がある

自分に叶えたい夢や目標があり、それに向かって進んでいる時に告白されると、目標へ進む歩みを止めなければいけなくなる不安から、すぐに返事はできないかも知れません。

ですが、それは夢や目標に負けていないほど好きな気持ちがあるからです。

ただ、目標に向かって進みながら彼女を幸せにする自信がなくて、なかなか踏ん切りがつかないのだと考えられます。

彼に何か目標があるのがわかっているのなら、その目標を応援する気持ちを全面に押し出せば、迷いも消えるのではないでしょうか。

他にも気になる存在がいる

告白された女性以外にも気になっている人がいるから、すぐに返事ができないのは、天秤にかけているのかも知れません。

同時に複数に告白されることなんて、よほどモテる人でもそんなに起こることではないので、一方的に気になっているだけの存在と比べているのだとすれば、告白してくれた女性と付き合う可能性は高いと思います。

よほど優柔不断で、複数の女性に気持ちが行ったり来たりして揺れ続けるようなタイプは、保留のままキープしようとするので気を付けましょう。

こちらからキッパリけじめをつけようとすると、急激に気持ちがこちらに傾いてくる可能性もありますが、優柔不断な性格に今後も悩まされるかも知れませんよ。

嫌いでもないけど好きでもない

一番厄介なのは、嫌いなわけじゃないけど、付き合うほど好きでもないから、とりあえず暇つぶしの相手として暇な時に会える便利な女性にされることです。

好きになる可能性が低くても、嫌いじゃなければ曖昧にしておいて、都合の良い女友達の1人にされてしまうので気を付けなければいけません。

スポンサーリンク

「それでもよければ」には注意

告白の返事を保留したまま会い続ける男性に対して、「私たちってどういう関係なの?」とか「今の状態って付き合ってるのとは違うよね?」など、ハッキリした答えを引き出そうとすると、相手はどう答えるでしょう。

保留にしている理由によっては、その時点で「付き合う」のか「断る」のか答える可能性もあります。

もしも「付き合おう」と言ってくれたとしても、「それでもよければ」とか「それでもかまわないなら」という前置きの言葉が付いたなら、その人との付き合いはスタート時から劣勢の立場になります。

「前の彼女のことが忘れられないけど、それでもいいなら」
「夢を叶えるために、寂しくさせると思うけど、それでもかまわないから」
「今はまだはっきり好きと言える気持ちになっていないけど、それでもいいのなら」

このように、まるで条件付きで付き合うことを承諾した彼女になってしまいます。

告白に即座に答えられず、保留にしたまま会い続けるのは、何か理由があるはずですが、「私はそれでもかまわない」と受け入れてしまうと、承諾した条件については一切何も言えなくなってしまいます。

そのことを十分に考えなければいけませんね。

保留にされたことで、とにかくOKをもらえることをひたすら待つような状態になるのは、上下関係が出来上がった恋愛になるので、ガマンや忍耐の絶えない関係になってしまうかも知れませんよ。

まとめ

女性から告白されると、それだけで恋愛する気持ちが盛り上がらないタイプの男性も存在します。(男の本音!女性から告白されて付き合うのか盛り上がらないの?)

はっきり答えずに保留にするのは、誠実で真面目な性格だからかもしれないの、理由や心理を見抜くのは難しいのですが、断られたわけじゃないから・・といつまでも宙ぶらりんな関係のままでいるのはやめましょう。

人生の時間は無限ではないのです。

タイトルとURLをコピーしました