【夢診断】ダンスの夢の意味とは!踊れる人も踊れない人にも!

夢診断・た行

夢の中では、現実にはできないことや、叶えられないことなどをラクにこなせることがあります。

そういう夢を見た後に目が覚めると、ちょっと余韻に浸りたくなるでしょう。

「ほんとにできるかも」と思わず試してみた人もいるかも知れませんね。

ダンスの夢は、現実にあなたがダンスを得意としているのなら、身体に沁みついたことが浅い眠りで記憶に残っただけだと思います。

しかし、実際にはダンスが上手く踊れない人や、ずっと長い間ダンスから遠ざかっている人の夢だとすれば、何か意味があるはずです。

今回はダンスの夢について見ていきましょう。

夢診断一覧ページ

スポンサーリンク

ダンスの夢の意味とは

ダンスの夢の基本的な意味は、エネルギーを発散させることです。

そして自分を表現することです。

ただ、ダンスには激しく動くものから、ゆるやかに優雅に踊るものまでいろいろあります。

一人で踊るソロダンス、ペアダンス、大人数で踊るものまであるので、それぞれの意味も少し違ってくるはず。

どんな状況で、どのようなダンスを踊っていたのか、思い出しながらチェックしていきましょう。

ソロダンスを楽しむ夢

一人で踊っているのが楽しい!と感じる夢は、あなたが周りのリズムに合わせることに疲れているサインです。

ソロダンスを自分の思うように踊る楽しさは、周りの動きを見ながら合わせなくても済みますから。

普段の自分の性格的に、人に合わせることや、人の顔色をうかがいながら行動することが多いのなら、あまり人に合わせることばかり考えないようにしても良いのではないでしょうか。

ペアでダンスを楽しむ夢

誰かとペアになって楽しく踊る夢は、その相手が好きな人だったのか・・がカギです。

もしも好意を寄せている人とペアで楽しくダンスしていたのなら、その人との相性の良さを感じ始めているのではないでしょうか。

まったく知らない人とペアでダンスを楽しんでいたのなら、心強い相棒のような存在との出会いを望んでいると考えられます。

誰かと一緒なら、もっと楽しいのに・・と感じるような出来事が過去があったのではないでしょうか。

大人数でダンスを楽しむ夢

ダンスフロアでにぎやかに踊る夢や、多くの人と輪になって同じ振りのダンスをする夢など、大人数のダンスの夢には2つの意味があります。

1つは、自分を取り巻く人たちとの関係です。

楽しく踊っていた夢は、人間関係が良好であることを表しています。

もう2つは、学校や会社など、社会に対する期待の表れでもあります。

社会生活では、多くの人たちと出会います。

その中で、自分が楽しく生きられるのかどうか、誰しも不安になることがあるでしょう。

ですが、あなたは不安よりも期待の方が大きくなっていると考えられます。

前向きに考えられる時なので、仲間を増やすいいチャンスではないでしょうか。

ダンスのパートナーが見つからない夢

踊りたいのに、ダンスのパートナーが見つからない夢は、寂しい気持ちになってしまうでしょう。

これはあなたが人に対して感じている気持ちの表れです。

自分が誘っても一緒に踊ってくれる人が見つからない・・・という夢は、人に声をかけることへの怯えです。

思い切って声をかけても、冷たくされるのがイヤなので、結局一人でいることが多いタイプなのではないでしょうか。

ダンスに誘われる夢

ダンスに誘われて踊る夢は、あなたの人気が高まっていることを表しています。

何となく、自分に好意を寄せている人の存在に気が付いているのではないでしょうか。

次々に色んな人からダンスのお誘いを受けるような夢であれば、モテ期の予感があるのでは。

ただし、嫌な人からの誘いが続くような夢であれば、自分の好きな人と巡り合うチャンスを邪魔されやすいと考えられます。

勘違いされないように気を付ける必要があるのではないでしょうか。

ダンスが上手くできない夢

リズムに乗せて踊りたいのに、自分の体が思うように動かず、上手くできない夢を見るのは、自分を表現することへの不安の表れです。

ダンスは体を使った自己表現の手段ですから、上手くできない夢は、自分を表現するのが下手なことを自覚しているからではないでしょうか。

自分を表現することが上手くできないことで、人から誤解されるなどデメリットもあるでしょう。

自己表現の方法は色々あるので、自分が上手くできる表現方法を探してみるといいですね。

ダンスの相手が下手な夢

ペアで踊るダンスの夢で、パートナーが下手だったのは、あなたが人をリードする自信を身につけてきたからだと考えられます。

自分が上手にリードすれば、下手な人も上手く踊れるような気持ちになります。

ひとりよがりではなく、相手を思いやる余裕が生まれたのだと思います。

ダンスパーティーの夢

ダンスパーティーの夢は、あなたの恋愛意欲の高まりを表しています。

恋愛対象になる人との出会いを求めているのではないでしょうか。

もしも現在、お付き合いしている恋人がいるのにダンスパーティーの夢を見たのなら、今の恋人との関係に飽きを感じていると考えられます。

刺激を求めている時なので、不意な出会いで恋におちる可能性があります。

スポンサーリンク

ダンスで注目を集める夢

あなたが踊っている様子を、周りの人が注目して見ている夢は、自己顕示欲がかなり高くなっている表れです。

自分に注目を集めたい欲求と、見られていることを楽しみたいという気持ちがあるので、何かを発表したりすることを考えてみると良いのではないでしょうか。

ダンスレッスンを受ける夢

ダンスのレッスンを受ける夢は、何かを吸収したい気持ちと表現したい気持ちが同時に高まっていることを意味します。

自分の体を使った表現方法として、ダンスはとてもシンプルです。

何かを表現することの難しさを感じていて、シンプルな基本に立ち返りたいという気持ちの反映とも考えられます。

ダンスを教える夢

夢の中であなたはダンスのインストラクターとして、レッスンをしている。

ダンスレッスンを受けている人は、あなた自身を投影した姿です。

あなたが教えた通りに上手く踊れているのなら、体調も気力も上々な状態でしょう。

逆に、一生懸命教えているのに上手く踊れないのは、色んな意味でコンディションが落ちていると考えられます。

教えている立場と教わる立場は、つながっているのです。

ダンスの大会に出場する夢

ダンスの大会に出場する夢は、あなたのエネルギーが最高潮に達していることを表しています。

あなた自身がダンスを得意としているかどうかは関係ありません。

表現を評価されるダンスの大会に出場する夢は、自分の表現が評価されるということに怖気付く後ろ向きな気持ちもないからです。

何かを表現する機会が与えらているのなら、思い切りエネルギーを発散できるのではないでしょうか。

まとめ

ダンスの夢は、あなたが自分を表現することへの欲求が大きいようです。

一人で踊っているのか、それとも誰かとペアなのか、相手はどんな人だったのかなど、夢の中のダンスシーンを思い出して参考にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました