遠距離だから大丈夫だと油断?増加傾向にある遠距離不倫の危険性

恋愛

遠距離恋愛といえば、ドラマや恋愛ソングのテーマになることも多く、甘酸っぱくて切ない恋愛の象徴のように描かれます。

でも、実際の遠距離恋愛は、つらくて切ないことの方が圧倒的に多く、長続きできなくて破局するカップルが半数以上を占めています。

ところが、最近の遠距離恋愛は既婚者同士や片方が既婚者の不倫カップルが急増しているとか。

人生を狂わせる原因にもなる不倫の恋も、遠距離になると安全性が高まるのでしょうか。

ですが、そんな油断から人生の歯車が狂い始めるかも知れません。

遠距離不倫だから大丈夫だと油断する危険性を考えてみましょう・

スポンサーリンク

遠距離不倫が安全だと思い込む理由

遠距離恋愛は、距離のせいで会いたい時に会えないのが最大の壁ですよね。

その壁を乗り越えられないと、遠距離恋愛は続きません。

それが不倫カップルには安全だと考える理由です。

というのも、不倫カップルもある意味では遠距離恋愛と同じように、会いたい時に自由に会えるわけではありません。

家族にバレないようにするためには、会う場所やタイミングも慎重になります。

ですが、不倫の恋が盛り上がってしまうと、ついつい会う回数が増えてしまったり、無計画にデートをしてバレる確率がグンと高くなってしまいます。

お互いに冷静さをキープできる自信があった二人でも、燃え上がると我を忘れてしまうことは想定できますよね。

しかし、遠距離不倫なら、どんなに燃え上がっても簡単に無防備なデートはできません。

会うためには、時間をかけて移動しないといけないので、急に家を長く空けるなんて危険すぎます。

遠距離不倫の場合は、どんなに気持ちが燃え上がったとしても、距離がブレーキをかけて無茶を防いでくれます。

それが安全だと思い込んでしまう理由なのですね。

便利なツールを使えば危険性は高まる

じつは、遠距離恋愛は昔よりもずっと増えています。

その理由は、皆さんお分かりだと思います。

インターネットが普及して、携帯電話やスマホなど便利なツールを使えるようになったからです。

ですから、遠距離不倫でもLINEやメールなどを使い過ぎると、そこから不倫が発覚するので、便利になったからこそ危険性も高くなっています。

遠距離不倫は会えない時間も長くなるので、それだけにコミュニケーションツールに頼りがちになります。

そこを冷静になって付き合えないと、いくら遠距離でも危険は同じです。

便利なツールは諸刃の剣なので、自分を追い詰めてしまう恐ろしいツールに変わることもあります。

便利な世の中にも、必ず落とし穴があるものです。

不倫が終わった後を考えると遠距離は安全

不倫相手をわざわざ探している既婚者は数多くいます。

ネットを使って相手を探す方法があるので、ハードルが低くなっていますよね。

それにSNSを使っていると、色んな人との出会いがあるので、不倫しようと思ったら、出会いに困ることはないから、感覚が麻痺しているのでしょう。

遠距離不倫している人の中には、あえて離れた土地に暮らしている人を不倫相手として選んでいる人もいます。

それは、自分自身の自由時間が少ないので、頻繁に会いたがる相手だと困るという理由が1つ。

そしてもう1つは、不倫関係が終わった後に、その相手と接触する可能性が限りなく低いからです。

不倫の末に家庭を壊そうなんて、まったく考えていない人は、最初から遠距離の相手と割り切った恋愛ゲームを楽しみたいと思っているのです。

たしかに、近いところにいる相手と不倫して、別れた後に面倒なことになるのは困ります。

偶然の再会などで相手に執着される危険も考えると、たしかに遠距離不倫の方が別れた後は安全だと思うのでしょう。

ですが、隠しきれたと思っていても、何年も経ってからバレるケースもあります。

現実に起こった出来事は、時間が経っても消えるわけじゃありません。

家族を悲しませることをして、何もなかったかのように暮らせると思うのは甘いのです。

ずっと何年経っても、ビクビクしながら暮らすことになるかも知れません。

まとめ

遠距離不倫する人は、バレるリスクが少ないとか、終わった後の心配がないとか思っているようです。

しかし、それは大きな間違いです。

距離が離れていても、探る方法はありますし、油断しやすいのでバレる危険性が低いわけじゃないのです。

軽い気持ちで婚外恋愛を考えずに、家族の笑顔を堂々と見られるような生き方をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました