不倫相手の妻と直接対決をしたことがある女性の結末とは!

恋愛

不倫している男性の妻と不倫相手が直接会うなんて、ドラマの中の世界のようですよね。

いわゆる修羅場ですよね。
そんな修羅場は滅多にないと思うかも知れませんが、そうでもなさそうです。

私たちが知らないだけで、一般社会で普通に起きていることなんです。
私は友人から不倫相手と会う時に付き添いを頼まれた経験があります。

何か起こった時の用心のための付き添いでした。

その後どうなったのか、私の友人の例を参考にまとめてみました。

不倫相手の妻と直接対決してでも離婚させようとか、夫婦関係を壊したいとか思い詰めている方が一度冷静になって欲しいと思います。

スポンサーリンク

不倫相手の妻に会おうとする心理とは

既婚者と付き合っている女性の中でも、実際に不倫相手の妻と直接会おうとする人は少ないと思います。

出来れば会いたくない相手のはずです。

ですが、不倫関係が長くなると直接対決を考えてしまう人が増えるようです。

その理由は、不倫相手の言動がそんな考えを起こさせると思います。

いつか離婚するから

不倫している男には、家庭を壊すつもりはないとキッパリ不倫相手に伝えている人もいます。

そこまでハッキリ伝えて、それでも付き合える相手なら都合が良いからでしょう。

ですが、多くの既婚男性はそこまで自分に自信もなく、そんなことを言ってまで付き合ってくれる女性は少ないと思うため、「いつか必ず離婚する」と言いながらズルズル関係を続ける人がとても多いのです。

不倫関係が始まって間もないころは、相手の言葉を信じて待っていられたとしても、何年もそんな状態が続けばしびれを切らしてしまう人もいるでしょう。

離婚に承諾しない妻のせいにして言い訳しているとなると、直談判をしてでも離婚させようと思い詰めてしまうのです。

「離婚の話し合いをしているから、もう少し待ってくれ」と言われ続けていると、ほんとに離婚の話し合いをしているのか確かめるために妻と直に会って話してみたいと考えることもあるようです。

夫婦関係は破綻している

不倫している相手に、夫婦関係は良好で何の不満もないなんて言える人はいないでしょう。

夫婦としてはもう終わっているけど、子供のために離婚はできないから仮面夫婦をしているだけと説明する男性はとても多いです。

既婚者と付き合っていた知人は、「仮面夫婦だとすれば家庭を壊さないことを条件にして、もっと堂々と付き合えるように奥さんに話して欲しい」とお願いしたという話を聞いたことがあります。

それでものらりくらりとはぐらかされて、結局3年で不倫関係を清算していました。

奥さんとこまめにメールしている内容を見てしまい、仮面夫婦というのがウソだったとわかったからです。

このような男性のウソを見抜くために、妻と直接会いたいと思ってしまう人がいるのです。

妻の仕打ちに苦しんでいる

「俺の家なのに、俺の居場所はないんだ」とか「家に帰っても夕飯もないし、家に帰っても苦痛なだけなんだ」など、妻の大切にされていないアピールをする既婚男性は山ほどいます。

女性が母性本能や同情心でやさしくしてくれて、そこにつけこんで不倫関係に持ち込むためのテクニックの1つです。

そんなわかりやすいテクニックでも、その人に好意を持っていたりするとコロッと騙されてしまう人もいます。

そして、「私ならもっと大切にしてあげるのに」とか「私なら幸せにしてあげられるのに」という気持ちが強くなってきます。

ひどい仕打ちができる奥さんってどんな人なのか、顔を見てみたいという気持ちが大きくなると直接会ってしまいたくなるのでしょう。

スポンサーリンク

不倫相手の気持ちを確かめるのに有効?

不倫相手に「奥さんに会わせて欲しい」と申し出て、それを受け入れるとしたら、不倫とは言え本気の可能性はかなり高いです。

どんなに精神力の強い人でも、不倫相手と直に会うのはショックを受けると思います。

妻のことを少しでも大切に考えているのなら、そんなことを許すはずないからです。

ホントに会うかどうかは別として、「会わせて欲しい」と申し出ることで、不倫相手の気持ちを確認するための手段としては有効だと思います。

不倫相手の妻に会いに行く行為には大きなリスクが

不倫している人は、女性でも男性でも大きなリスクを背負っていることを常に忘れてはいけませんよね。

既婚者と付き合うということは、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されることもあるからです。

慰謝料を請求されるだけじゃなく、結局は不倫相手は家庭に戻り、自分だけが惨めな結末を迎えることも大いに考えられます。

よく勘違いする人がいますが、不倫がバレてその相手に慰謝料を請求したとしても、それで離婚しなければいけないわけじゃありません。
慰謝料はあくまでも自分の配偶者の不貞行為の相手から受けた精神的な被害に対するもので、離婚とは別の問題です。

不倫相手が直接会いに行くような行為は、精神的に大きなショックになると第三者も納得させるような行動です。

自分にとって不利な結果を招くのは間違いないので、自分を窮地に追い込むようなことは踏みとどまりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

不倫は褒められるようなことじゃないことはみんな百も承知の上でしょう。

それでも既婚者を好きになってしまったのなら、幸せな恋愛や結婚を望むのは難しいことも覚悟していると思います。

どんなに辛い気持ちになっても、相手の妻に直接会いに行くのはリスクが大きすぎます。
今以上に自分を苦しめる結果を招かないためにも、冷静になってください。

第三者の立ち場になったつもりで、自分がしようとしていることを客観的に考えてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました