初デートの食事では避けた方が良いお店やメニューとは?

恋愛

初デートでは、まだ相手のことをよく知らないので、お互いに手探りなのでぎこちないところがあっても仕方ありません。

そんなぎこちない感じも、初々しくて、ドキドキしますよね。

でも、せっかくの初デートでがっかりされてしまえば、その恋はそこで終わってしまうかも知れません。

今回は、初デートの食事について気をつけたいポイントをまとめました。

初デートの食事では、どんなお店が良いのか、さりげなく相手に伝えるためにも、事前に考えておきましょう。

スポンサーリンク

男性にお任せするのは危険

初デートのプランを男性に全てお任せしてしまうと、思いがけないことになる危険があります。

女性の扱いに慣れている恋愛上級者の男性なら、お任せしてしまうかも知れませんが、あまり女性との恋愛経験が多くない人は気合が入り過ぎてしまいます。

ガチガチに緊張するような高級フレンチとか、気取らない庶民派をアピールするための赤ちょうちんの店に案内されても困ります。

ある程度は自分の希望を伝えてからお任せした方が良いですね。

苦手な食べ物があるのに無理していても、顔に出てしまえばがっかりされてしまいます。

全て男性にお任せするのなら、どんなところに案内されても、嫌な顔をしないように頑張らなけれれば2回目以降のデートには誘われなくなってしまいます。

何でも男の人に決めてもらうのが、女らしさだと勘違いしないで、自分の好みくらいはきちんと伝えた方が好感を持たれるはずですよ。

スポンサーリンク

初デートではリスクが高いメニュー

初めてのデートでは、お茶と軽い食事くらいが気楽ですよね。
予約が必要なお店でのディナーは、初デートでは緊張します。

それでも相手にお任せしてしまった以上は、断るわけにはいきません。

そこで、初めてのデートでは失敗の危険度が高いメニューをまとめてみました。

甲殻類はリスクが高い

カニやロブスターなど、甲殻類のメニューは、豪華なのでデート向きだと勘違いする男性がいるかも知れません。

ですが、ホジホジしながら食べるのって、意外ときれいに食べられないものです。

手掴みでかぶりつくのも、初回からはちょっと抵抗がありますよね。

好きな食べ物をプロフィールに書いて婚活する人は、甲殻類は避けておいた方が無難だと思いますよ。

ビュッフェスタイルは初デートに向かない

ビュッフェスタイルのレストランは、食べやすいものだけを選べるので、デートにも向いていますが、初デートにはおすすめしません。

お互いに別々に動いてしまえばせっかくのデートなのに変です。

男性に気を使ってあれこれと世話を焼いてしまうのも、初回から「尽くす女」アピールになってしまう危険もあります。

ビュッフェスタイルのレストランでのデートは、お互いのことをよく知ってからでも遅くないでしょう。

老舗の和食は作法に注意

一般家庭で普通に食事の作法を身につけて育っていれば、高級な和食のお店でも恥をかくようなことはまずありません。

ですが、和食の作法は奥が深いので、しっかり見られているかもしれません。

基本的な和食の作法に自信があるのなら問題ないですが、あまり自信がないのなら作法をマスターしてからにしましょう。

テーブルマナーに自信がないなら・・

洋食レストランもレベルがあります。
気軽なカフェレストランならテーブルマナーのことは気にすることもないですよね。

ですが、相手が気合を入れて高級フレンチなどを選んだ場合は、テーブルマナーは重要です。
和食の作法よりも自信のない人が多いのではないでしょうか。

相手の気持ちを尊重しないと失礼ですが、自信がないのなら正直に言いましょう。

「洋食のマナーに自信がないので、恥をかかせてしまったらごめんなさい。教えてくださいね」と素直に言えば好感度アップですよ。

スポンサーリンク

まとめ

初デートでは、どうしても素のままの自分を見せられなくて無理してしまいがちです。
それは双方に言えることなので、こちらがある程度の希望を言わないと、無理して三ツ星レストランとか予約してくれちゃうかも知れませんよね。

それでも美しく食事できる自信のある人なら、何の問題もありません。

でも、初回のデートから緊張感を高めたくないと思うのなら、カジュアルな雰囲気で肩の力を抜いて食事できるお店を一緒に選んでも良いと思います。

まずはカフェでお茶をしながら、グルメ情報サイトを一緒にチェックして選ぶのもおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました