彼氏の心を傷つけているかも?恋愛断捨離が二人を強く結びつける!

恋愛

あなたの彼氏は、時々落ち込んだ様子を見せたりしますか?

その時あなたは「仕事が大変なのかな」とか「何かあったのかしら」と心配になると思います。

でももしも、彼が落ち込む原因があなたの言葉や態度だったとすれば、どう感じるでしょうか。

もちろん、あなたが故意に彼を傷つけて落ち込ませようとしたわけじゃないのですから、驚くでしょうし、ショックだと思います。

そんなつもりもないので、にわかには信じられないかも知れません。

ですが、人は自分でも気が付かずに誰かを傷つけることがあるのです。

それは誰にでもあることなので、気が付かないまま通り過ぎてしまうことが多いでしょう。

でも、大切な彼を落ち込ませる原因が自分にあるかも知れないのなら、そんなことのないように改善したいですよね。

じつは男性が彼女の言葉や態度によって落ち込む原因に、過去の恋愛が大きく関係しているのです。

男性はなかなか本心を見せないので、わかりにくいのですが、些細なことで態度が変わったことがあるのなら、思い当たる人もいるのではないでしょうか。

恋愛の思い出を断捨離することで、今の彼氏との関係をより良いものにするヒントとして読んでいただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

彼氏が傷つく彼女の過去

過去の恋愛を自慢げに今の恋人に話すのは男性に多い傾向がありますが、それは見栄を張っているとか、モテた自慢をしたいだけなどわかりやすいので、ムカつきながらも女性は意外と聞き流せるものです。

一瞬は嫉妬でイラっとするかも知れませんが、自慢げに話す様子を見て「かわいいな」と思ったりするものです。

女性は過去の恋愛について現在の恋人に自慢げに話すことは少ないと思うのですが、それでも過去の彼女が頭をよぎるような言動があるのです。

男性が落ち込む彼女の過去とは、どのような内容なのか見ていきましょう。

元彼経由の交友関係

今の彼氏にあからさまに元彼の話をするなんて、デリカシーに欠けることはしていないとしても、元彼経由の交友関係が続いていると、その向こう側に元彼の存在を感じてしまいます。

恋人と別れたとしても、せっかく知り合った人たちとの人間関係まで清算する必要はないと思いますが、やはり気になるのは仕方ないでしょう。

元彼の存在を見せないようにすればするほど、今の彼は意識してしまい、そんな自分に自己嫌悪で落ち込んでしまうようです。

恋愛が長続きしない

今までの恋愛が短い期間で終わっていたという事実を知ると、今の彼氏がショックを受けるのは、ちょっと理解しがたいのではないでしょうか。

これは「飽きっぽい」とか「遊んでいる」というネガティブイメージにつながるのです。

気を使って「長く付き合った人はいない」と言ったのに、逆に落ち込ませてしまうなんて、男性心理は難しいですね。

不自然な方言や言葉使い

話し方の癖や言葉のイントネーションに不自然なところがあると、それが元彼の影響だと感じて凹む男性がいます。

彼女の出身地や育った土地とは関係のない方言や訛りのある話し方をしていると、「元彼は○○出身だったのか」と思ってしまうのでしょう。

意外と敏感に男性も彼女を見ているものなんですね。

意外な趣味

今の世の中は「女性だから・・」という理由で排除されることはありませんから、どんな趣味でも男性と同じように楽しむことはできます。

ただ、その趣味と彼女があまりにもギャップがあると、元彼の影響でその趣味を始めたのではないかと勘繰ってしまうのでしょう。

釣りやバイク、車など、男性が好きそうな趣味を持っていると何となく元彼の影を感じて立ち入ってはいけない気持ちになるようです。

思い出の場所

過去の恋愛を感じさせるのに思い出の場所があります。

元彼とデートで訪れたであろう場所の話を聞いてしまうと、その場所には出かけないようにするなど、何となく意識してしまうのです。

誰と行ったのか話したわけじゃなくても、過去の恋愛を思い起こさせてしまうのでしょう。

わざわざ「女の子と友達と行った」と言うと、逆効果になる人もいるので、難しい問題です。

関係のない分野の知識

彼女との会話の中で、「どうしてそんなこと知っているの?」と思うような分野の知識があると、そこに過去の恋愛を感じる人がいます。

その分野の知識が豊富になった理由をはっきり聞いて、納得できる答えがあれば邪推だとわかります。

ですが元彼の影響で知識を得たことをごまかす様子が見られると、その分野の会話の中に出てくるたびに、複雑な気持ちになることがあるのです。

スポンサーリンク

断捨離すべき恋愛記憶とは

彼女の過去の恋愛の影を感じて落ち込むのは、とても繊細な気持ちで恋をしている彼氏だと思います。

女性に比べて鈍感な男性が多いというイメージがあるかもしれませんが、繊細でナイーブな心を持っている人だってたくさんいるのですよね。

ですが、過去の恋愛も含めて自分自身なので、過去の記憶を消すことはできませんよね。

意識し過ぎてぎこちない接し方になるくらいなら、今まで通りの自然な自分の姿で彼と向き合うしかありません。

ただ、元彼の記憶はできるだけ見えないところに整理する努力は必要ではないでしょうか。

恋愛記憶の断捨離です。

それは不要なものを捨てる断捨離ではなく、今の彼との恋愛の思い出が収納できるスペースを作るための断捨離です。

元彼の存在を思い出す機会が少なくなるように、あなたのできることを考えてみます。

元彼の連絡先

元彼の電話番号、メールアドレスなどは消去します。

電話番号などは、暗記してしまうと簡単には忘れないかも知れませんが、番号を目にする機会がなくなれば、徐々に忘れていくはずです。

元彼の連絡先をいつまでも消せないでいるのは、何かあったときに連絡したいと思っているからでしょう。

もう二度と連絡を取り合うつもりがないのなら、スパッと消しましょう。

元彼との習慣

朝はモーニングコール、夜のお休みメールなど、恋人同士のルールのような習慣をそのまま引きずるのはやめましょう。

自分にとっては当たり前の習慣になっているかも知れませんが、その習慣を新しい彼にも引き継がせるのは失礼です。

2人のルールは新しく作り上げていくものではないでしょうか。

SNSの投稿

SNSを長く続けていると、過去の投稿を見ればその人の恋愛の記憶が残りがちです。

彼氏の存在を見せないように投稿していたつもりでも、何となく匂わせている画像や文章が残っていると、思い返して懐かしさを感じられます。

ですが、それは今の彼との比較材料になりやすいので、SNSの過去の投稿は思い切って削除するといいでしょう。

プレゼントの品

恋人からのプレゼントされた物は、その人と別れてもそのまま使い続ける人もいますよね。

物には罪はないですから、持っていることが悪いわけではありません。

むしろ、物を大切にする気持ちがあるのは良いことですよね。

ただ、元彼からプレゼントされた物を見て、心の中に切ない気持ちが湧き上がるようであれば、それは手放すべきではないでしょうか。

品物に元彼に対する気持ちを投影しているのは、今の彼氏の心を傷つけます。

誰から贈られたものなのか、忘れてしまった物であれば、持っていても問題はないと思います。

手紙

元彼とやり取りしたメールなどを保存するのはいかにも未練を感じさせるので、さすがに削除する人が多いでしょう。

ですが、自筆の手紙はなかなか捨てられないと思います。

何十年も前に恋人からもらった手紙を大切にもっている人もいますから、手紙を捨てるのは心が痛くなると思います。

そういう場合は捨てるのではなく、簡単に読み返せる場所に置かないことで、記憶を整理できます。

どこにあるのか思い出せないほど、簡単に手が届かない場所において、その手紙の存在を忘れてしまうほどの年月が経てば、彼を傷つけるものにはならないでしょう。

写真

写真は思い出を残すものなので、大切に残しておきたいと思いますよね。

ですが、元彼の写真がいつも見られるようなスマホやPCに保存してあるのは、その当時の気持ちを思い返すツールになってしまいます。

そうして何度も何度も思い返すうちに、記憶の回路が太くなり、忘れがたい思い出になっていくのです。

大好きだった人だから、せめて写真くらいは残しておきたいと思うのなら、手紙と同じく簡単に見られないようにするべきです。

画像データは取り出して保存して、スマホやPCの中には残さないようにして、目にする機会のない期間が長くなるようにしましょう。

スポンサーリンク

記憶の断捨離によるメリット

元彼の存在を気にする彼氏の気持ちは、あなたも理解できると思います。

それはお互いに同じでしょう。

もしもあなたの彼が過去の彼女の記憶に心が引っ張られているような様子が見られると、すごく寂しくて悲しい気持ちになるのではないでしょうか。

そんな気持ちを大切な彼にも感じさせているのかも知れないのです。

だから恋愛の記憶は断捨離をして、新しい恋の歴史をどんどん積み重ねられるように空きスペースを作るのです。

後ろを振り返らない気持ちになれると、今の恋がもっと楽しくなるはずです。

比べたり、比べられたりという余計な気持ちが見えると、しなくてもよいケンカも増えてしまいます。

恋愛記憶の断捨離によって、二人がまっすぐに向き合えるようになると思います。

関連記事男のヤキモチってわかりにくい!彼が出している嫉妬のサインとは?

まとめ

あなたとデートしている間に、彼の元カノの存在を感じたという経験がある人は、彼にも記憶の断捨離をしてほしいと思いますよね。

そう感じるのがあなただけなのか、考えてみましょう。

もしかしたら、あなたも元彼の思い出をそのまま引きずって今の彼氏と付き合っているかも知れません。

まずはあなたが記憶の整理をすることが必要なのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました