会社の新人教育が上手くできずに落ち込む彼氏を励ます方法とは!

恋愛

フレッシュな新入社員が職場で戸惑っている時に、サッとアドバイスしてあげたり、さりげなく助け船を出してあげられる先輩がいると、素敵ですよね。

ですが、2年目、3年目になると今度は自分が新入社員にアドバイスする立場になります。

もしも上司から新入社員を教育する担当に指名された時に、良い先輩になれるかどうか自信がなくて困っている人もいるでしょうね。

彼氏が会社で新人教育担当になってから、どうも様子が変・・。

もしかして、新人教育が上手くいっていないのかも。

そんな時、彼女ならどう励ましたら良いのでしょう。

仕事でミスすることもありますから、仕事のことで落ち込んだ彼氏を励ます方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

落ち込んでいる様子を観察する

彼氏が何か悩んでいるとか、ため息ついてばかりで落ち込んでいるような様子が見えたとしても、すぐに「どうしたの?」とか「何かあったの?」と探らずに、少し観察してみましょう。

誰でも落ち込む時はありますし、解決できない悩み事で頭がいっぱいになることもあります。

ですが、そんな時でも落ち込んでいる様子を見せられる相手と見せたくない相手がいます。

彼女から励まされなければ立ち直れないほどの悩み事じゃなくても、気を抜いているから落ち込んでいるのかも知れないからです。

彼女という存在が、自分をさらけ出せる存在だとすれば、悩み事を相談したり、励まされたりしなくても、ただ一緒にいるだけで癒されて気持ちを切り替えられるかも知れません。

様子が違うことに気が付いたとしても、根掘り葉掘り聞き出す前に、少し観察することが大切だと思います。

スポンサーリンク

見て見ぬふりした方が良いことも

落ち込んでいたり、悩んでいる時でも、人に励まされるのを嫌がるタイプの人はいます。

人の弱いところを見せたくなくて、つい強がってしまうようなタイプの彼氏には、励ましの言葉が逆効果になることもあります。

良かれと思って励ましたのに、「別に落ち込んでないから!」なんて逆ギレされると困ります。

彼氏が強がるタイプだとしたら、少し悩んでいたり、落ち込んでいてもすぐに励ますのはやめた方が良いでしょう。
強がりが限界を迎えた時には、やさしく励ましてあげると弱い部分を見せられる彼女のことをさらに好きになると思います。

逆にいかにも落ち込んでいる様子を見せて、彼女に気が付いて欲しいアピールをする彼氏もいます。
そんなタイプの彼氏には、見て見ぬふりすると可哀そうなので、早めに気が付いてあげましょう。

励ます時の声のかけ方

落ち込んでいる様子の彼氏を励ます時の声のかけ方は、彼氏が話しやすい状態を作ることがポイントです。

自分なりに彼氏の落ち込んでいる理由に思い当たることがあったとしても、それをいきなり言うのはダメです。

自分が話しやすい状態にするためには、「何かあったの?」だけで十分です。

彼氏が自分の力で解決しようともがいている段階で、「何かあったでしょ!私に話してよ!一人で悩んでいるなんて水くさいよ」なんて強い声のかけ方は逃げ場を失います。
「何かあったの?」

「ううん、何もないよ。」

こう返されたら、それ以上突っ込んで聞き出そうとするのはやめましょう。

でも、彼女が自分の様子に気が付いていることはわかったはずなので、彼女に聞いて欲しくなった時には自分から話し出せる状態はできたわけです。

「私に話してラクになることがあれば話してね。私は意外と聞き上手よ」と笑顔でその話題を切り上げます。

落ち込んでいる原因を素直に話し出したとしたら、余計なことは言わず、ただ相槌を打ちながら聞いてあげましょう。

年上彼女だと、つい先輩っぽくアドバイスしたくなることもありますが、上から目線のアドバイスは説教に聞こえることがあるので、アドバイスはほどほどに。

どんな時でも私だけはあなたの味方だし、そばにいるということだけ伝えればそれで彼氏は安心できると思います。

スポンサーリンク

新人教育が苦手な原因とは

さて、彼氏が落ち込んでいる原因が会社で新人教育が上手くできないことだとしたら、彼女としてはどう励ましたら良いでしょう。

具体的に仕事でミスした場合は、また挽回できるチャンスがあると思いますが、新人教育は自分のことではないので難しいですね。

言葉で説明するのが苦手なタイプや、説明するのが面倒だから自分でやってしまう一匹狼タイプの彼氏が新人教育を任されれば、上手くいかなくて落ち込むことも十分考えられます。

本質を考えると、人を信用できない性格とか、人と協力し合う協調性の欠如とか、連帯責任が受け入れられないことなどが新人教育が上手くいかない原因として考えられます。

ですが、そんな心理的なことを彼女から指摘されると、彼氏はさらにショックを受けてしまう恐れがあります。

励ます言葉を見つけるのは難しいですが、誰にでも新入社員の時はあったはずなので、その時のことを思い出しながら励まします。

新人の時に先輩にしてもらって嬉しかったことや嫌だったことなど、思い出を話しているうちに新人と接するヒントを伝えられるかも知れません。

新人教育をはじめてする立場の人も新人なのだから、お互い新人同士でうまくいかないことがあっても仕方ないのです。

ちょっと天然な先輩の方が親しみやすいという方向性で励ますと、肩の力が抜けると思いますよ。

まとめ

会社の新人教育を任されるのは、上司が彼氏に期待しているからだと思います。

自分の仕事が上手くできるようになっても、人に教えることで、その仕事をさらに深く理解できることがあるからです。

上手く新人教育できなくて悩んでいるとしても、具体的には何もできないのですから、そばにいて彼氏を支えてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました