かぶるとは!親友と同じ人を好きなった時にやってはいけない行動

恋愛

女の友情は、所詮は男で壊れるもの。
それは彼氏ができて友達との関係を後回しにすることで、友情関係が疎遠になることがあるからです。

ときには友達同士で同じ男性を好きになって、奪い合うなんてこともあるかも知れません。

でも親友同士では、同じ人を好きになって奪い合うなんてことは滅多にないことだと思います。

親友同士になる人は、自分とは正反対の性格の人であれば、同じ人を好きになることもないかも知れません。

ところが同じタイプの似た者同士で親友になると、男性に求める理想も共通していて、同じ人を好きになることもあるのではないでしょうか。

そんなことが起こらなければいいのですが、もしも親友と同じ人を好きになってしまった時には、どうするべきなのでしょうか。

友情なんてそっちのけで恋のために突っ走るのか、それとも友情を守りながら恋愛も成就させることができるのか・・・。

恋愛が実らない場合も考えていかなければいけません。
失うものが大きすぎると、立ち直れなくなるかも知れませんから。

今回は「親友と好きな人がかぶってしまった」そんな時のNG行動を考えてみました。

スポンサーリンク

好きになった順番にこだわる

親友と同じ人を好きになったことがわかった時、「私は●●からずっと好きだった」と好きになったのが随分前からだとアピールしたがる人がいます。

子供の恋愛に多いパターンです。

もしも親友が先にその人を好きになったとしても、親友の彼氏でもないなら、好きになる気持ちを我慢することはありません。

恋愛は先に好きになった人が優位に立つわけではないので、好きになったのはいつからなのかなんて順番で親友を責めるなんてことはやめましょう。

身を引いて欲しいとお願いする

親友の性格を知っていて、こちらが強く押せばきっと身を引いてくれるだろうと思ってお願いするのはどうでしょうか。

もしも好きになった相手が親友の方を好きになっていたとしたら、自分の存在が惹かれ合う二人を邪魔したことになってしまいます。

親友に諦めて欲しいとお願いする前に告白するのが筋です。

恋愛はきれいごとじゃないけど、正々堂々とお願いするのは間違っていないと思いますが、告白もしていないのに友達のために諦めさせるのは親友の性格を見抜いているからできることではないでしょうか。

スポンサーリンク

嘘の情報で引かせる

親友のことを好きになった男性に色々と情報を流したり、親友に好きになった男性の情報を流したりして、二人が好き合うのを邪魔するような卑怯なことをするのはダメです。

「あの子、男のだらしないのよ」とか「あの人、いつも彼女を二股かけているみたい」などとネガティブキャンペーンでお互いを離そうとしても、自分が後からその男性と付き合ったりすれば嘘を言ったことがバレてしまいます。

嘘をバラまいて親友の恋を邪魔しておいて、そのあとちゃっかり自分が付き合うなんてことを平気でするような人は、恋も上手くいかない気がしますよね。

メラメラと対抗心丸出しにする

同じ人を好きになったことがわかった途端に、ライバル心をあからさまにして対抗するのは大人げないです。

恋愛と友情を混同せずに、正々堂々と勝負しよう!という感じは漫画の世界の話で、現実にそれをやってしまうと引かれます。

「私が負けるわけない」とか「彼が私を選んでも恨まないでよ」なんて台詞を口にすると寒くなります。

親友との間に微妙な空気が流れていても、むき出しの対抗心よりはマシではないでしょうか。

恋愛の決着は2人だけで決められません。
相手のあることなので、友達との間ではいつも通りを心がけた方が良いと思います。

泥棒猫呼ばわりする

好きになった人と付き合っているわけでもないのに、親友も同じ人を好きになったことを知ると、まるで自分のものをとられるかの如く親友を責めるのは筋違いです。

恋人として付き合っているのに、親友に彼氏を寝取られたりしたら、そりゃ泥棒猫と言いたくなるのもわかります。

でも、まだ付き合っている段階じゃないのに、被害者のような言い方をするのはやめましょう。

スポンサーリンク

恋と友情を天秤にかけさせる

親友に対して、「私との友情よりも、彼との恋愛の方が大切なの?」と天秤にかけて選ばせるのはズルいやり方です。

同じことを自分も問われれば困るようなことを親友にしないでください。

友情は大切だけど、恋も大切というのがお互いわかっているのなら、あえてそんな質問はしないことです。

もしも親友が「友情よりも恋愛が大切」と答えたら、その途端に宣戦布告するしかなくなってしまいます。

お互いに後に引けない状況に追い込んで、早く決着をつけたいのなら、親友の気持ちを試すよりも好きな人にしっかり気持ちを届けることに専念しましょう。

フェアじゃない抜け駆けをする

お互いに抜け駆けしないでフェアにやろう!と言っていたのに、自分だけ抜け駆けするというのは、後からそれがわかった時に友情を失います。

それでも構わないという覚悟があればやってみるのもいいでしょう。

恋愛にはある程度の駆け引きは必要なので、自分の知らないところで親友も抜け駆けしている可能性もあります。

相手を陥れて自分を優位にするような卑怯な手段じゃなければ、多少の抜け駆けは絶対ダメではないと思います。

友達との縁を切る

同じ人を好きになったことがわかった途端に絶縁宣言をするような極端な行動はやめましょう。

もしも好きになった人が自分を選び、親友も祝福してくれるような時が来るかも知れません。

もしかしたら、親友も二人揃ってフラれる可能性だってあるわけです。

そんな時に親友の存在がどんなに助けになるでしょうか。

親友の方を選んで、自分がフラれるという結果になったとしても、親友との関係を切るほどの恋愛なのかよく考える必要があります。

スポンサーリンク

恩着せがましく譲る

親友同士で一人の人を奪い合うくらいなら、自分が身を引けば済むと思ったとしても、わざわざそれを恩着せがましく伝えるのはやめましょう。

譲るカタチにすれば、フラれて恥をかくこともないし、傷つくこともない。

自分に自信がないから諦めるだけなのに、親友に恩を売って良い人のフリをするのは良くないですね。

自分が傷つかないように、自分プライドを守るために身を引くのなら、親友が後ろめたくなるようなことをわざわざ伝えなくてもいいでしょう。

親友とはどんな存在なのか

親友と同じ人を好きになってしまった場合のNGな言動についてあげてみましたが、それぞれに恋と友情の価値観は違うので、何が正解と判断するのは誰でもありません。

大切なことは、自分の心が痛まないような行動をすることではないでしょうか。

同じ顔触れが続く学生時代や、狭い人間関係の職場などでは、友達と同じ人に好意を寄せることもあると思います。

良心がズキズキと痛むような卑怯なことさえしなければ、NGなんてないのかも知れません。

ただし、人生の中で親友と呼べるような友達が一人もできなかったと後悔している大人も沢山います。

あなたと好きな人がかぶった友達のことを親友と思っているのなら、どれほど大切な存在なのか改めて考えてみてください。

失っても構わないのなら、その人は親友ではないのかも知れませんね。

まとめ

親友と同じ人を好きになってしまった場合のダメな言動についてまとめてみました。

そもそも、親友と呼べる友達はそんなに簡単にできるものではありません。
ほんとうにその人は親友なのか、考えてみるきっかけになるのではないでしょうか。

大切な親友と同じ人を好きになってしまうのは、誰かが傷つく可能性が高いのは間違いありません。

恋愛に傷は付きものですが、親友同士で傷つけあいになるのは避けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました