結婚前に夫が作った借金のことを知らされなかったらどうすればいい?

結婚・再婚

結婚して夫婦になると、それ以降に増えた資産は共有の財産になりますよね。

お互いに支え合って家族になるわけですから、預貯金も個人の名義でも共有の資産と考えるわけです。

結婚前に購入した資産価値のあるものや、結婚前の貯めた預貯金は共有のものではないので、しっかり区別できるようにした方がもしもの時(離婚時の財産分与)のためにもいいと思います。

問題なのは結婚前の借金です。

お互いに借金を抱えながら結婚することもあるでしょう。
借金というとイメージが良くないですが、例えば進学のための奨学金ローンなどもありますよね。

それを知っていて、結婚後も協力して返済すると納得していればいいのですが、知らされてなかった場合は大問題です。

その場合にはどう対応すれば良いのか解説します。

スポンサーリンク

結婚前の借金の返済義務

結婚する前の借金は、例え夫婦になって同じ戸籍に入ったとしても保証人になっているわけでもないのなら返済義務はありません。

もしも夫が結婚前に怪しげな金融業者から借金していて、「結婚したんだから妻にも返済義務がある」なんて言われたとしてもそれは間違いです。

結婚前に作った借金は、あくまでも本人と保証人がいるならその保証人だけに返済義務があります。

もしも結婚後に夫が妻に内緒で借金をした場合は話は別です。

保証人になったわけじゃなくても、家計を一にしている親族ということであれば、まったく無関係というわけにはいきません。

例え妻に借金のことを打ち明けていなかったとしても、結婚後の借金に関しては妻にも返済義務が生じることもあるのです。

結婚前の借金と結婚後の借金、どちらも知らされていなかったとしても、返済義務が生じるかどうかハッキリ別れるのですよね。

どちらのしても、妻の内緒の借金があるとか・・ホントに勘弁して欲しい問題です。

スポンサーリンク

借金のために生活が苦しくなる問題

結婚前の夫の借金は、妻には返済義務はないとしても、夫婦になれば結局は家計費として必要なお金も借金返済に回さないといけないこともあります。

もしも返済が滞った場合、一緒に生活していれば督促状が届いたり、催促の電話がかかってきたりすれば平穏な結婚生活が送れなくなってしまうこともあるでしょう。

夫が収入の大半を借金返済にあてないといけないような負担が大きい場合は、返済額を変更したり、返済期間を長くするなど、生活に困らないような対策を考えないといけません。

奨学金のローンのような場合では、減額、猶予期間、免除などの制度が利用できることもあります。

相談できる窓口を探してみるのも一つの方法です。

やはりこの場合は、専門的な知識がある弁護士に相談するのが安心でしょうね。

借金の時期によっては、利息が軽減されることもあるので、一度は相談してみると良いと思います。

無料の弁護士相談は色々な自治体でも受け付けています。
私は自治体の無料相談を何度か利用していますが、事前に相談したことをまとめておくと、短い時間でも効率よく回答を得られると思いますよ。

結婚前の借金が原因の離婚は多い?

結婚前に夫や妻に借金があることを知らなかった場合は、結婚後にトラブルになることは多いです。

何を隠そう、うちもそうでした。

結婚後に夫に借金があることを知らされました。

消費者金融3社、住民税、自動車税、国民健康保険料などの滞納で計300万円ほどの借金があることが発覚したのです。

夫は前の妻と別居期間中に会社員から自営業者に変わったこともあり、今までは給料から天引きされていたものが直接支払うこととなり、そのまま溜めていたものなどが大きくなってしまったようです。

要するにお金の管理がだらしないことが借金のきっかけという情けないお話。

調べて見れば自家用車も住宅も差し押さえ対象になっていました。

私は怒りながらも、結婚してしまったからにはどうしようもないので、諦めて自分の預貯金から払えるものを払い、税金などは支払い計画を相談して3年で払い終えました。

その間にさらに自分の預貯金は切り崩しながら・・。

騙されたような感じはありましたが、仕事もやめて夫の暮らしている遠方まで引越してきてからわかったことなので、後戻りできませんでした。

そうじゃなければ、離婚を本気で考えたと思います。

借金を代わりに返済する時の注意点

もしも私のように結婚前に夫が作った借金を自分の預貯金で代わりに払う場合は、借用書をきちんと作成して、公証人役場で公正証書を作成してもらうと安心です。

もしも夫と離婚するような場合には、その肩代わりしたお金は返済してもらえますし、返してもらえないようなことになれば、公正証書があれば給与などの差し押さえも可能になります。

少し手数料がかかりますが、安心のためにはぜひ作成しておきましょう。

ちなみに公正証書の手数料は、金額によって違います。

100万円までなら5,000円、200万円までなら7,000円、500万円までなら11,000円と目的の金額によって徐々に高くなります。

公正証書の作成を司法書士に依頼する場合は別途費用が必要になるのですが、一般的な債務に関する公正証書であれば、そんなに複雑ではないので、ネットで検索しながら作成できると思います。

債務弁済契約書の書き方でググってみると文例が見つかりますよ。

いくら夫婦でも、お金の貸し借りはクールに考えておかないといけません。

公正証書の作成を嫌がるような夫なら、自分の預貯金を返済にあてるのは考え直した方が良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

生きていれば結婚前に色んな事があります。
それまでの人生を全てリセットして結婚できるとは限らないので借金を抱えていることもあるでしょう。

ですがそれを隠しているのはダメですよね。
結婚後に知るのは、その時点で信頼を失います。

うちの夫は借金のことを話すと結婚がダメになるかも知れないと思って怖くて言えなかったとか。。

それダメじゃん!!

ホントに腹立たしいことでしたが、ギャンブルなどで作った借金じゃないことは分かったので、グッとガマンしました。

これから結婚を考えている人には、借金を隠したままにすることはホントにやめてほしいです。

きちんと正直に話して支え合えるようになってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました