男性との縁が遠くなる10のポイントとは?チェックしてみよう!

恋愛

彼氏は欲しいけど、なぜか恋愛に発展するような出会いに恵まれないという女性は自分から男性との縁を遠ざけているかも知れません。

もちろん、誰もそんなことを意識しているわけじゃないので、自分ではまったく身に覚えがないことも沢山あることでしょう。

少しは自覚があったとしても、同じような境遇の女性には恋人がいるし、結婚もしているから大丈夫だと思っているのではありませんか?

たしかに、どんな環境でもどんな境遇でも、恋のチャンスは運のようなものです。
どこに縁があるのかわからないですよね。

だからこそ、自分から縁が遠くなるようなことを招いている可能性を考えてみましょう。

スポンサーリンク

出不精

恋愛したいと言いながらも、出かけるのをめんどくさがる。
そんな出不精な人は、人と出会うチャンスを自分から作ろうとしていません。

出かけることをめんどくさがっていると、いざという時にも動けなくなってしまいます。

例えば、家に居ながらでもSNSを通じて出会うことは可能でしょう。

でも、そこから一歩踏み出して、リアルな恋愛をするためには、家から出ることです。

出かけるのをめんどうに感じる人の特徴として多いのが、休日になると朝からずっとパジャマ姿のままで、顔も洗わずに一日を終えてしまいます。

たとえ出かける予定がなくても、きちんと身支度をして休日を過ごす人は出不精にはならないと思います。

もしもSNSを通じて素敵な恋のチャンスが巡ってきたと想像してください。
今すぐにでも会いに行けるフットワークの軽い人は、チャンスを掴む可能性が高いですよね。

ところが、出かけるまでに重い腰を上げないといけない人は、その時点で「まあいいか」と先延ばしにしてしまい、チャンスを逃してしまいます。

極端に出かけるのをめんどうに感じる人は、男性との縁を自分から遠ざけているように思います。

彼氏募集をアピールする

「〇年間も彼氏がいないの」とか「彼氏が欲しいのに出会いがない」とアピールし過ぎるのは男性も引いてしまいます。

この女性はどうしてそんなに何年間も恋愛できないのか・・・とつい深読みしてしまいたくなります。

本人が彼氏を欲しがっているのに、恋人がずっとできないのには、何か問題があるのかも知れないと怪しむ人だっていると思います。

恋人ができない、恋人がいない、恋人が欲しいというアピールよりも、どうして恋愛のチャンスに恵まれないのかという理由を自分なりに分析して理解していなければ、正しく伝わりません。

何の努力もせずに、恋人が空から降ってくるのを待っている人のように思われてしまうと損です。

積極的になるのが悪いことではないとしても、あまりにも物欲しそうな様子でアピールするのは縁遠くなります。

スポンサーリンク

女友達ばかりで遊んでいる

女子会という言葉がすっかり世の中でに広まったので、女性同士で遊ぶのがトレンドのような感じがしています。

男同士が楽しそうに飲み歩くように、女性同士だって男の目を気にせずに楽しめる時間があっても良いですからね。

でも、彼氏が欲しいと思うなら、女同士で固まって行動してばかりいると縁遠くなります。

女同士で遊ぶ楽しさの方が、彼氏が欲しいという気持ちに勝ってしまうと、「もう彼氏なんて欲しくない」と言い出す人も少なくないのですよ。

これは既婚者の女性でもあることなんです。
旦那さんと一緒に行動するよりも、女同士の方が楽しくなってしまい、夫婦間にすき間風が吹いてしまい、家庭内の雰囲気が悪くなることもあるのです。

恋愛は始まった時がピークで、その後はどんどん熱が冷めるのが当たり前です。

何度もそういう経験をしていると、女同士の方が楽しくなるのもわかります。
ですが、女同士の楽しさもずっと続くわけではありません。

いつも一緒に行動している女友達に恋人ができれば、自分だけ一人ぼっちになることも考えておかなければいけません。

縁が遠のく前に、女同士の集まりだけで満足しないようにしてくださいね。

節約し過ぎる

経済的にきちんとしている女性は、男性から見ると「しっかり者でいい奥さんになりそうだな」と好印象を与えると思います。

でも、節約を趣味のようにしてやり過ぎると、それは男性との縁を遠ざけるのではないでしょうか。

オシャレしたり、メイクやヘアに気を使うなど、女性としての楽しみすら節約のために省くような生活をしていれば、男性だけじゃなく同性の友達からも遠ざかってしまうかも知れません。

自分がきれいになるための投資や、自分の魅力を引き立たせるために必要な費用はケチらないで欲しいですね。

そして、人とのつながりから縁が生まれるので、人間関係に必要な交際費も節約し過ぎない方が良いと思います。

無駄なところにお金を使わない節約精神はそのままに、必要なことには惜しまないこと。

節約するところと、人間関係のために出費するところと、メリハリをつけるようにすると良いのではないでしょうか。

趣味にハマり過ぎる

趣味の無い人よりも、夢中になれる趣味がある人の方が魅力的に見えます。

でも、その趣味にのめり込み過ぎてしまうと、出会いの縁を見失うことがあります。

趣味の方ばかりを優先してしまうので、出会う機会が少なくなるのも問題です。

ですが、その前に趣味にのめり込み過ぎる女性は、いつか自分の彼氏になる人や、結婚相手となる人には、自分の趣味に対して理解してくれる人じゃないとダメだと言います。

たとえば好きなアイドルの追っかけをするのが趣味の女性は、同じ対象を追っかけしている男性となら上手くいくと思います。

ですが、その趣味に全く興味のない人は、理解するのは難しいでしょう。
よほどその人を好きにならなければ、受け入れられないと思います。

それが最初から出会いのハードルを高くしてしまって、縁遠くしているのではないでしょうか。

ブランド物が好き

ブランドが好きで、身の周りをブランド品で固めているような女性は、男性から見るとちょっと抵抗を感じてしまいます。

もしも結婚したら、ブランド品を買うお金が必要になるという将来的なことも心配になってしまうからでしょう。

それにブランド品が好きな女性は、男性に対して求めるものも高い理想を持っているように見えます。

最初から「高嶺の花」と感じさせてしまうので縁に恵まれないのではないでしょうか。

そう感じて引いていく男性なら、まだいいのですが、もっと悪い結果になることも想定できます。

それは、お金目当てで付き合おうとする悪い男を引き寄せる道具になるリスクです。

お金に困っていないからハイブランドを買えると宣伝しているようなものです。

ブランド品を身につける場合は、できるだけさりげなく、アピールし過ぎないで上品に使いこなすことが大切だと思いますよ。

ペット愛が強すぎる

愛犬や愛猫など、ペットと生活していると、男性との縁が遠くなるというのはよく言われますよね。

ペットを飼っていても恋愛している人は沢山いますから、必ずしもみんなに当てはまることはありませんが、自分が守らなければいけない存在と一緒に生活していると、男性への愛情を向ける必要を感じなくなってしまう人がいるんです。

人によりますが、私自身はまさにこのタイプです。

自分がいなければ生きていけない小さな命を守るために恋愛が邪魔だと思えば、ずっと1人でもいいかな・・とさえ思います。

自分の大切な子供と同じなので、恋愛相手にも惜しみない愛情を求めてしまいます。
もしもペットに対して少しでも冷たい態度をされたら、一気に愛は冷めます。

ペットに対して母性の感情が強くなってしまうタイプの女性は、恋愛が成就するまではペットを家族として迎えないのも対策の1つだと思います。

仕事が生きがい

仕事をバリバリしていると、縁遠くなるって言われることがあります。

仕事が好きで、仕事に生きがいを感じていると、恋愛している余裕もなく忙しい毎日を送っていても不満も感じずに充実しています。

適当に仕事をしている人よりも、ずっと素敵に見えるでしょうから、ホントはモテるはずなんです。

きっと異性からのお誘いもあるはずです。
でも、仕事の充実感や達成感のほうに魅力を感じてしまうので、恋愛の縁につながらないのでしょうね。

さらに言えば、あまりにも仕事に没頭していると、自分に好意を持ってくれる人の存在すら気がついていないかも知れませんね。

仕事が楽しくて仕方ないけど、恋も忘れたわけじゃない!と思うのなら、時には自分の周りに目を向けてみましょう。

仕事はダイレクトに反応があるので、上手くいっている時には恋愛よりも楽しく感じることもありますよね。

ですが、仕事が上手くいかない時には、恋の力が必要になるかも知れません。

警戒心が強すぎる

男性に対して警戒心が強いのは、悪い男に騙されたり、浮気されたりした経験から起こるトラウマが原因になることがあります。

そのようなひどい経験がある場合は、簡単に警戒心は解けないと思います。

恋愛経験が少なくて、男性に対して警戒している場合もありますが、警戒心を表に出し過ぎるのは、男性との縁を遠のかせます。

警戒して、男性の本質を見抜こうとするなら、それはできるだけ表面に見せずに探るようにしないと、なかなか近寄るのが難しいと思います。

さらに気を付けないと、あまりにも男性に対して警戒心が強いことを逆手にとって女の人を騙そうとする輩もいます。

「どんなひどい目に遭ったの?」とか「悲しい経験をしたんだね」など、まずは警戒心を解くために女性のトラウマを利用する男もいるので要注意です。

スポンサーリンク

理想が高すぎる

学歴、職業、収入、身長、顔、家族構成など、恋愛相手に求める条件が高すぎるとチャンスは限られてしまいます。

妥協するのはイヤ!だと理想を貫くのはいいですが、それだけ高い理想を求めるからには、自分もそれに相応しい女性になれるように頑張らないといけません。

自分の思い描く理想の男性に相応しい女性になる努力をし続けないと、ただ理想の高さだけが悪目立ちしてしまいます。

理想を高くするだけでは、ホントに恋愛したいとは思われないのではないでしょうか。

まとめ

恋愛のチャンスがなかなか巡ってこないのよね・・。

そう思っているなら、自分が縁遠くするような原因を作っていないか確かめてみましょう。

恋愛のチャンスを自分から追い払っていませんか?

縁を引き寄せるために、見直してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました