主婦は孤独になりやすい?取り残されてしまう感覚から抜け出す方法

悩み

主婦になると人とのかかわり合いが少なくなってしまい、孤独を感じてしまう方がいます。

働く主婦なら職場の人との付き合いがあるので、それほど孤独にならないでしょうが、専業主婦や自営業、在宅で仕事をする主婦などは孤独になりやすいですね。

人付き合いがあまり好きじゃなく、一人でも寂しく感じないとしても、主婦になると孤独を痛感します。(これは自分のこと)

主婦が陥りやすい孤独の苦しみを克服する方法を探してみました。

スポンサーリンク

主婦が孤独を感じる時

主婦になると、自分の存在は認められているのか?という不安から孤独を感じるようになります。

主婦は家事という大きな役割を一人で全て担うこともあるのに、家事をどれほど頑張っても誰にも評価されません。
簡単に言ってしまえば、褒めてもらえないのです。

主婦になるまでに学校生活を経て仕事をしてきた間には、努力したり、成果が出れば周りの人が認めてくれることもあります。

しかし家庭の中で動いていても、誰も見てくれないので、とても虚しく感じることがあります。

家事をしている姿を見ていても、それを当たり前だと思っている家族の中では孤独になってしまうのです。

一人じゃないのに独りのように感じるのが主婦の孤独ではないでしょうか。

スポンサーリンク

社会とのかかわり方

主婦になっても、積極的に人間関係を広げている方は、孤独を感じることは少ないかも知れません。

ただ、どれほど人間関係を広げても、それが家族を介した社会だと自分自身の居場所として感じることができなくなることがあります。

例えば、子供が小さい間はママ友との人間関係がメインになります。
しかしママ友との関係は、あくまでも子供同士のつながりが優先されます。

子供のことは関係なく、結婚前から付き合いのある友人と上手く関係が続けば良いのですが、家事や育児に追われていると、自分の時間を持つのが難しくなり、疎遠になってしまうこともありますよね。

社会とかかわる窓口が家族というフィルターを通さないとダメだったりすると世の中から忘れ去られたような孤独を感じます。

主婦の孤独を打ち破る方法

主婦の孤独感を家族が鋭く感じてくれるならそれに越したことはないですが、そんな敏感に察知してくれる家族がいるなら、孤独を感じることもないのでしょう。

それを期待するよりも、自分で孤独を振り払う方が早いですね。

主婦が孤独に陥らないための対策を考えてみました。

評価される場所を見つける

主婦の仕事は終わりがなく、一日中ずっと仕事しているようなものです。

年中無休ですが、報酬もなく、あまり感謝されることもありません。

自分の頑張りをちゃんと評価してくれる場所を見つけるのが一番効果がありますが、働くために家を空けられない人や、在宅ワークや自営業の人はそれができません。

そこでおすすめなのが自分のペースで参加できるボランティアです。

ボランティアは色々あります。

やりがいを感じられるボランティアを見つけられると、家庭の外で感謝されたり評価されれば、孤独を感じることも少し解消されるのではないでしょうか。

ボランティアを大げさに考えてしまうと一歩踏み出すのに勇気が要るかも知れません。

でも周りを見渡してみると色んなボランティアがあります。

短期間のボランティアの例としては、選挙の時のボランティアです。

地方自治体、国政の選挙にかかわらず、選挙運動はボランティアを募集します。

選挙期間だけなので、体験としては最適です。
短い時間でも感謝されるし、接点のない人と知り合う機会にもなります。

好きなことを見つける

趣味のない人は沢山いますが、好きなことは誰にでも一つや二つはあるはずです。

趣味として没頭する時間を持つのが難しい主婦は、趣味を通じた友達と知り合うことができません。

だから家族を介した人間関係が主になってしまうのではないでしょうか。

好きなことがいくつかあるなら、SNSという便利なツールを使って人間関係を築いてください。

もしも好きなことをしていても望むような人間関係が築けなかったとしても、好きなことをしている時間はむしろ孤独を楽しめるくらい貴重な時間になると思います。

好きなことをする時間もないほど主婦業が忙しいと困りますが、週に1度くらいは自分が好きなことをする時間を無理にでも作ってしまいましょう。

「主婦にも休日が必要だ」と家族に宣言してもいいので、好きなことに夢中になれる時間を確保してみましょう。

主婦を極めてみる

主婦はとにかく頑張っても評価されないのが問題です。
誰かに評価されることで孤独を癒されるとしたら、主婦業のプロとして働いてみるのもいいと思います。

家事代行業は、主婦が活躍している職業です。
長く働けなくても、主婦の経験がどれほどの対価を得られるのか実際にやってみるのです。

家ではタダ働きが当然だと思っている家族は驚くかも知れません。

当たり前にやってもらえることが、仕事として依頼するとどれほどのお金を払うことになるのか、数字で見せることも刺激になるはずです。

同じような悩みや苦しみを抱えている主婦とのネットワークを作るきっかけ作りにもおすすめです。

まとめ

自分が主婦になるまで、家の中にいる時間は自由に使えるのがうらやましいなんて思っていた人もいると思います。
実際にその立場になってみないとわからないものですよね。

家族のために頑張るつもりでも、孤独に潰されそうになることが多くなったのなら、評価を求める行動を起こしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました