【夢診断】オーディションの夢を見るのはどんな心理?その意味とは!

夢診断

オーデションとは、役者、歌手、モデルなどになるために受けるテストのようなものです。

また、芸能人として仕事を始めている人でも、特定の番組や舞台への出演権を手に入れるためにオーディションを受けることもあるようです。

芸能界と無縁の世界で生きる一般人にとって、スターになるために突破しなくてはいけない最初の難関というイメージです。
昔は、公開オーディションをテレビで放送して、普通の人がスターになる過程をみんなで見守るというのがブームになったりしました。

今でも世界中でオーディション番組は人気があるのには、何か人の心を惹きつけるものがあるのでしょう。

そんなオーディションの夢を見たあなたの心の中を、探ってみましょう。

スポンサーリンク

オーディション会場を確認する夢

オーディション会場の場所を確認する夢を見たのは、あなたが心配性で、準備不足を不安に感じているからです。

仕事や勉強のことなどで、準備しても何か忘れているのではないかと不安になることはありませんか?

慎重なことはあなたの長所ですが、あまり心配し過ぎてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまうことがあります。

確認することで安心できるので、ネガティブな気持ちに支配されているわけじゃないのですが、ストレスを感じやすいかも知れませんね。

オーディションに遅れそうな夢

オーディション会場に向かっているけれど、時間に遅れそうでとても焦っている夢は、大切な出来事に遅れた経験があなたの記憶に深く残っているからだと考えられます。

その大切な出来事は、他の人には大したことではないので、理解されないかも知れません。

ですが、あなたにはとても大きな出来事だったのでしょう。

そして、遅れたことでチャンスを逃してしまったとしたら、次のチャンスもまた逃してしまうのではないかと怖くなることが無意識にあるのだと思います。

同じ失敗を繰り返さないために、あなたが強く記憶に残していることなので、同じような夢を何度も見ることもあります。

オーディションに合格する夢

オーディションを受けて合格する夢は、たとえ夢の中の出来事でも嬉しいものです。

その夢は、今のあなたの自信が見せたので、とても好い夢だと思います。

これからあなたの近い未来に訪れるチャンスを、しっかりと掴み取るためにも、努力を続けることが大切ではないでしょうか。

オーディションで落とされる夢

オーディションを受けて、自分では上手くいったと思っていたのに落とされてしまった・・。

そんな夢を見るのは、あなたが今まで受けてきた世の中の様々な矛盾や納得できない出来事に対する不満が大きくなっていると考えられます。

オーディションは公平に審査されるはずなのに、自分よりも下手だった人が合格するようなこともあるかも知れません。

人脈や親の七光りなど、自分の才能や努力だけではどうしようもないことに不満を感じて投げやりになりそうなことが何度もあったのではないでしょうか。

ですが、努力したことは無駄になることはないので、前向きになるための夢として考えられるといいですね。

スポンサーリンク

オーディションで失敗する夢

オーディションで自分の実力を発揮できず、失敗してしまう夢は、いつもあなたを苦しめることとリンクしているのではないでしょうか。

努力しても本番になると緊張してしまい、実力が出せずに終わった経験があるのかも知れません。

オーディションを受けた経験のない人でも、自分の人生を左右する場面であることは想像できると思います。

緊張せずに実力を発揮できる人しか、チャンスをつかめないという思い込みがあるのではないでしょうか。

緊張を上手くコントロールする方法を身につけられると、あなたは大きく飛躍できる可能性があります。

オーディションを受ける友達に付きそう夢

オーディションを受ける友達に付きそう夢は、その友達との関係性に疑問を感じていると考えられます。

実際に、オーディションを受ける友達にに付き添っていた人の方がスカウトされたケースもあるそうです。

友達とのトラブルを起こしそうな予感がある時なので、少し距離を置いて付き合った方が良いのではないでしょうか。

オーディションで褒められる夢

オーディションを受けて披露したことが歌なのか、ダンスなのか、縁起なのかわかりません。

しかし夢の中のあなたが披露したことがとても高く評価され、褒められたのなら、とても嬉しい気持ちになる夢ですよね。

その夢は、あなたが自分への評価として周りに求めていることの反映です。

自分をもっと高く評価して欲しいという気持ちや、評価される機会が少ないことへの不満がオーディションという場面の夢になったのではないかと考えられます。

オーディションで順番を待つ夢

オーディションで自分が順番を待つ夢は、あなたの心がとても穏やかな状態であることを示しています。

オーディションという特別な場所にいるのに、順番を待っている夢は気持ちが落ち着いていないと表れない場面です。

冷静に物事を考えられるので、失敗することも少ないはずです。

スポンサーリンク

オーディションに書類を送る夢

オーディションの書類選考を通るために、自分をアピールする書類を送る夢には、新たなことへのチャレンジを意味しています。

書類選考への応募は、はじめの一歩です。

まずはその一歩を踏み出す勇気を持たなければ、何も始まりません。

あなたがオーディションのために書類を送った夢を見るのは、自分の背中を自分が押しているからではないでしょうか。

オーディション会場の外でスカウトされる夢

オーディションのための会場を出た時に、外でスカウトされるのは、あなたにはどうしても諦められないことがあるからだと考えられます。

ですが、2度目、3度目のチャンスのために努力するよりも、ラクな方法を考えがちなのではないでしょうか。

遠回りがイヤで、近道を選んだ結果、危険な目に遭わないように気を付けなければいけません。

オーディションの選考をする夢

オーディションを受ける夢ではなく、あなたが選考する立場になっている夢です。

多くの参加者の中から、才能のある人を見抜かなければいけない立場になるのは、あなたが選ばれる喜びを感じたいからです。

あなたは自分の努力が実を結ばないまま、人に評価されずに埋もれることが怖いのでしょう。

でもそれは、ほとんどの人が感じる怖さです。

オーディションでは、短い時間に実力や才能の欠片を見せなければいけないので、実力や才能だけじゃなく運も影響します。

それでも選ばれる人と選ばれない人がいるのが現実なんですよね。

あなたがオーディションで選考する立場になった夢を見るのは、自分のような人間を「見つけて欲しい」という願いだと考えられます。

オーディション会場で友達ができる夢

オーディション会場に集まる人たちは、みんなライバルです。
ですから、バチバチと火花が散るような雰囲気になるのが当たり前だと思います。

それなのに、あなたはオーディションを受けに行ってその場所で友達ができる夢を見るのには、何か意味があるはずです。

友達はどんなところで出会うのかわかりません。

オーディション会場という独特の空気が流れる場所なのに、友達になれる人と出会うのは、あなたが友達になれるとは思っていない人がいるからです。

あなたは本心では、その人と友達になりたいと思っているのに、それができないと思い込んでいるのでしょう。

もしかしたら、今はまだその人のことを「嫌い」と思っているかも知れません。

ですが、「嫌い」と思うのは関心があるからなので、きっかけさえあれば変わるかも知れませんね。

まとめ

オーディションは、芸能人になりたい人以外は縁のないことでしょうが、夢に見ることはあると思います。

とくにオーディションの様子を長い期間に渡ってドキュメンタリーのようにして放送する番組も増えているので、身近に感じるのかも知れませんね。

あなたがオーディションの夢を見た時の心理を探るために、参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました