【夢診断】エレベーターに乗っている夢が示す心理状態とは!

夢診断

あなたはエレベーターに乗る機会は多いですか?

自宅にエレベーターがあれば、毎日使うでしょうし、駅や商業施設でも使う機会は多いので、ほぼ毎日のようにエレベーターを使っている人も少なくありません。

ですが、夢の中でエレベーターに乗るとなると、そんなに多いことではないでしょう。

もしも夢の中でエレベーターが出てきたとして、その時の状況によっては様々な深層心理が隠されています。

夢の中のエレベーターが示す心理について解説します。

スポンサーリンク

エレベーターに乗り込む夢

エレベーターに今から乗り込むという夢には、これから違う世界に飛び込もうとしている心理を表しています。

エレベーターは、日常の中にある移動手段としては、かなり瞬間的なものですよね。

待っている時間は長く感じますが、乗ってしまうとあっという間です。

つまり、エレベーターに乗り込むまでの時間は、今から飛び込もうとする新しい世界への準備段階だったわけです。

エレベーターが上がっている夢

エレベーターに乗っていて、上にのぼっている夢は、少し他力本願なところがある自分に対して、「これでいいのかな」と自問自答する心理が働いています。

誰かの助けをかりて、ステップアップすることが悪いわけじゃないけれど、あまりにも頼り過ぎていると、自立できない自分に不安を感じているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

エレベーターが下がっている夢

自分が乗っているエレベーターが下がっている夢は、これから先への不安な気持ちが反映しています。

ゆっくり下降していて、なかなか止まらない場合は、今の状況を何とかしなければいけないことを、自分でも自覚しているのでしょう。

まるでエレベーターが壊れたみたいに急降下している夢は、周囲からの警告に耳を傾けていない自分自身への警告と考えられます。

エレベーターの中で知人に会う夢

エレベーターに乗り合わせた人が、偶然知っている人だった。
そんな夢を見たのなら、その知人とはこれから先、何か深い縁がある可能性が高いです。

あなたの気持ちの中に、その知人に対して興味が深まっていたり、気になっている存在なのではないでしょうか。
それが異性であれば、恋に発展する可能性もありますし、同性であれば、意気投合して仲の良い友達になれるかも知れません。

エレベーターが止まらない夢

エレベーターに乗っていて、上昇でも下降でも、止まらなくて焦っている夢を見たのは、あなたが自分をコントロールできない状態にあるからです。

仕事や恋愛など、何かにのめり込んでしまと、周りが見えなくなって、後悔した経験はありませんか?

今の自分が何かに突っ走っているとすれば、少しスピードをゆるめる時なのではないでしょうか。

エレベーターの扉が開かない夢

エレベーターが故障して、扉が開かずに閉じ込められるような経験は、現実の世界でも時々あることです。

でも、まさか自分がそんなことに遭遇するとは誰も予想していないでしょう。

ですが、「今この瞬間、エレベーターに閉じ込められたらどうしよう」などと不安になってしまい、それが怖くてエレベーターに乗れない人もいます。

夢の中で閉じ込められるのは、深層心理の中にそういう不安が隠れているからと考えられます。

つい「もしも○○だったら・・」と悪いことばかりを想像するような精神状態に近づいているのなら、強いストレスに心が疲れているのでしょう。

スポンサーリンク

エレベーターでギュウギュウ詰めの夢

エレベーターの中が満員でギュウギュウの状態なのは、良い気分にはなりませんよね。

大抵の場合は、エレベーターに乗り込む人は知らない人ばかりですから、身体が密着するのは嫌な気持ちになります。

夢の中でそういう状態だったのは、あなた自身がとても孤独を感じているからです。

沢山の人の群れの中で生活しているのに、とても孤独を感じて寂しい気持ちになって落ち込むことがありませんか?

数多くの友達を作る必要もないですし、大人数で賑やかに楽しく過ごす必要もないので、心から素直になれる友達を大切にした方が良いですよね。

エレベーターのボタンが押せない夢

エレベーターのボタンがどうしても押せない・・。
これは、夢の中で電話番号が正しくプッシュできないのと似ています。

誰も邪魔しているわけじゃないのに、なぜか自分が降りたい階のボタンが押せないという夢は、自分が望んでいる結果にならないことへの焦りです。

降りたい階には好きな人が住んでいるとか、仕事で大切なクライアントが待っているとか、夢の中なのでハッキリしないかも知れません。

でも、ボタンを押したいのに押せないという焦りは、自分自身の心を映していると考えるのが自然です。

まとめ

エレベーターは、便利と不便が背中合わせです。

スムーズに乗り込めればラクですが、長く待たされたり、狭い空間に押し込まれることもあります。

そういう相反するものなので、心理状態を反映するのも良い面と悪い面があるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました