マザコン男性との結婚に後ろ向きになる理由!プラス面の見落とし!

結婚・再婚

女性からの評判がすこぶる悪いマザコン男子ですが、わかりやすいマザコンだけじゃなく、隠れマザコン男子も沢山います。

もしも付き合い始めてから、「もしかしてマザコン?」と感じ始めた場合はどうしますか?

そのまま付き合い続けて、もしも結婚となったら・・。

そんな想像をしてしまうと、ちょっと考えてしまうかも知れませんね。

すでにマザコン彼氏との結婚が具体化しつつある段階なのに、まだ決意できない人もいるでしょう。

マザコンの男性と結婚すると、たしかに苦労することもあるでしょうが、マイナス面だけに注目し過ぎていませんか?

マザコン男性との結婚が、夫婦関係にプラスに働くこともあるのです。

実際にマザコン夫との結婚生活を送る女性の話を参考に、ご紹介します。

スポンサーリンク

マザコン男性との結婚

世の中の男性は、ほぼマザコン傾向だと思うほど、男の人にとって母親は特別な存在です。

表面に見えているマザコンと隠れているマザコンがいるので、わかりにくいのですよね。

今回は、結婚前には気が付かなかった隠れマザコンタイプだけじゃなく、交際中からわかっていたケースも含めて、成功例をご紹介します。

これから結婚を考えるのに、迷いが生じている女性のヒントになれば嬉しいです。

義母を上手く使う

夫がマザコンだとわかったのは、結婚の準備が始まってからだったというA子さん。

付き合っている間は、マザコンとは感じさせない隠れマザコンタイプの旦那さんです。

結婚の準備段階になると、何一つ決められずに、いちいち母親にお伺いをしているのを見て、愕然としたそうです。

「でも、嫌いになれなかったから」と結婚生活がスタートしました。

マザコンだとわかってからは、夫に相談する前に義母に相談するようにして、夫が母親を頼るのを見越して先回していました。

自分の希望を先に義母に伝えておくことで、夫が母親に相談した時には、私の希望が通るようになったのです。

A子さんのケースでは、母親が息子夫婦が円満に暮らせるように潤滑油のような役割をしています。

息子を独占したくて、嫁に嫉妬するような感情を抱くお姑さんでは、このように上手くはいかないでしょう。

マザコンだと判明した時に、彼よりも母親がどんな人なのかよく観察することが重要ですね。

スポンサーリンク

経済的にラクできる

交際中からマザコンだとわかった上で結婚したB子さんのケースです。

B子さんの夫は普通の会社員です。

共働きなので、経済的にはそれほど苦しいわけじゃなかったのですが、不妊治療をはじめることになり、会社を辞めてパートになったことで余裕がなくなりました。

夫は自分の収入だけで治療をしていると、こずかいも満足にもらえなくなることを心配したみたいです。

母親に泣きついて、治療費の足しにと資金援助してくれました。
孫の顔を見たいという気持ちが大きかったのだと思います。
検査の結果で、夫の方に原因があると判明したのも、援助の大きな後押しになったのではないかと思いますよ。

困ったら、すぐに母親に泣きつくのは男としてどうなのよ・・というのがまったくないのがマザコンのすごいところです。

B子さんのように、妊活のためだと割り切って考えられると、マザコンも悪くないと思えるのではないでしょうか。

結婚資金のことで、口を出すタイプの親は意外と経済的な面で頼れる可能性があります。

きちんと自立した暮らしをしたい人には、向かないかも知れませんね。

教育すればいい旦那になる

母子家庭で育ったマザコン夫との結婚生活は苦労の連続だったと語るC子さん。

姑は一人息子である夫に対する執着心が強く、夫は母親が心配で仕方ないので、別居していても頻繁に実家に行っていました。

疎外感を抱くこともあったC子さんでしたが、仕事は真面目にするし、子供に対しても良い父親だったのでガマンできていたそうです。

姑が友達に誘われて婚活パーティーに参加してから、少し変わってきたんです。
再婚を意識するようになり、夫に対する執着心が薄れてきました。

夫は母親の再婚には賛成すると言いながらも、女性の顔をする母親に嫌悪感を持つようになり、徐々に母親と距離を保つようになりました。

もともと真面目な人ですし、母親の言うことをよく聞く息子だったので、夫教育したらすごく旦那になってきました。

C子さんの旦那さんのように、シングルマザーの家庭で育った人は増えています。

とくに母一人子一人で育ってきた男性は、マザコン率は高いようです。

だた、母親への依存心が強いわけではなく、母親との結びつきが強いタイプのマザコンになりやすいので、無理に母親との関係を切ろうとせずに、待った方が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

マザコン夫はメリットがある

世の中的にはマザコンと言われるタイプの男性と結婚した後には、困ることよりもメリットの方が大きいのではないか?という事例を見てみました。

姑と夫との間に無理に入り込もうとすると、やはり問題が起こりやすいので、夫が母親に甘えている時には自分の自由時間だと思って楽しむくらいの余裕を持てれば上手くいく可能性もあります。

自分だけの夫になってくれないのがムカつくと思って姑を敵対視してしまえば、姑も息子を取り戻そうと必死になるので、泥沼の戦いになってしまいます。

自分が上手く立ち回り、姑と夫を上手にコントロールして、ラクに暮らせるようになれれば、腹も立たなくなるし、いい関係が築けるのではないでしょうか。

まとめ

マザコン男が恋人や妻たちに嫌われやすいのは、母親が一番の存在になるのが許せないからでしょう。

ですが、自分の親を大切に思うのは悪いことではありません。

妻や子供を大切にできないのに、母親だけを特別な存在として扱うようなマザコン夫はお話になりませんが、極端なマザコンじゃなければ、プラスに考えることもできるはずです。

マイナス面だけを考えずに、上手くマザコン夫を動かす工夫をしてみましょう。

マザコンの彼との結婚を迷っている方は、マザコンという点だけを見ずに、良いところが帳消しになるほどのマザコンなのか、よく考えてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました