専業主婦から共働きに移行すると立ちはだかる壁とは!乗り越える方法

結婚・再婚

専業主婦のままでいたいのに仕事をしないと家計が苦しくて共働きを始める人もいます。

結婚しても仕事をしたいから共働きする人もいます。

一度は出産や育児のために専業主婦の道を選んだとしても、子供が成長した後にもう一度社会に復帰する人もいます。

色んな理由があるでしょうけど、専業主婦していて社会復帰する時ってちょっと勇気が必要だと思います。

専業主婦から共働きを始める時に感じた苦労について、経験者の声を集めてみました。

スポンサーリンク

朝のバタバタをどう乗り越えるのか

主婦が一番忙しい時間帯は朝ですよね。
家族の食事の支度をして、さらにはゴミ出し、後片付け、洗濯など。

旦那さんや子供たちを送り出してから、掃除をして自分の身支度をして。

そんなことをしていればあっという間に時間が過ぎて、気が付けばそろそろお昼か・・なんて。

別にダラダラしているわけじゃなくてもあっという間に時間が過ぎるのに、仕事に出かける時間までに家事を終わらせられるのか不安になってしまう専業主婦がとても多いのです。

今まで時間に制限を作らずにやってきたことを、出勤時間までに終わらせるとなると、焦りますよね。
実際に仕事を始めたばかりのころは、出勤時間までに家事を終わらせるために起きる時間を早める人が多く、それで寝不足から疲労を溜め込んでしまい体調を崩すケースも少なくありません。

今までと同じように家事をしなければいけないと考えるのをやめないと、専業主婦からの社会復帰はハードです。

夫や子供たちの協力してもらい、今までと違うことを家族に理解してもらわないと身体を壊してしまうか、ストレスで家族に八つ当たりするなんて結果を招いてしまいます。

スポンサーリンク

夜間の仕事で家事との両立を目指す

専業主婦から仕事を始める時に、子供の年齢が小さいとか、保育園が見つからないなどの問題があり、夫や親族に子供の世話をお願いできる時間帯しか働けないケースがあります。

介護福祉施設や深夜営業のサービス業など、夜勤の仕事をメインにして仕事を始める専業主婦が意外と多いようです。

日中には家に居られるので、家事もその間にできるし、子供だけで留守番させることも少ないので理想的な社会復帰だと考えるからでしょう。

今まで家族のために時間を費やしてきた専業主婦だから、仕事をはじめても同じように接したいと考えるのが理由の一つだと思います。

ですが、これはかなり無理しています。
夜中は仕事して、昼間は家事や育児に追われていては、クタクタに疲れ果ててしまうのも時間の問題です。

日中にはぐったりと身体が重くて、思うように家事もできなくなってしまいます。

夜勤しか復帰できない理由があるなら仕方ないですが、日中に働ける環境を探す方が家事もメリハリをもってこなせるようになると思います。

子供のことを考えて在宅ワークを考える

テレワークやフリーランスの在宅ワークなど、自宅での仕事は専業主婦からの復帰はスムーズにできると思います。

仕事する時間は自分で設定できますから、家事に手を抜きたくない人は在宅ワークという働き方はハードルが低く感じると思います。

ですが、主婦業をしながら在宅ワークをするのは予想以上に時間が無くなり忙しくなります。

在宅ワークは自分自身で時間を決めなければ休みもないし、ダラダラと仕事してしまうと効率がとても悪いのです。

昼間にできなかった仕事を家族が寝静まってから夜中に終わらせようとして昼夜逆転になれば、家庭内のリズムが乱れてしまいます。

家の中で仕事をする場合は、仕事する場所をきちんと決めて、休憩する時間、仕事を終わらせる時間、休日のルールを設定して守るようにしないとキリがなくなってしまいます。

家にいる間は家事と仕事でずっと休みがなくなると、自宅にいるのが苦痛に感じてしまい、ギスギスした態度を取ってしまうから外に働きに出ることを選ぶ人も多いようです。

どれだけ自分自身をきちんと管理できるのか、その自信がない人は在宅ワークはやめた方が賢明だと思います。

家庭優先が通用しないことを痛感

専業主婦から社会に戻る時にいきなりフルタイムの正社員の仕事を選ぶ割合は少なく、短時間のパートや契約社員、派遣社員などから始める人が多いようです。

いきなり正社員は自信がないのもわかります。
ですがパートでも契約社員でも、仕事として報酬を得るのは同じですよね。

人手不足の業界では、家事や育児を優先して、空いた時間に仕事してくれる条件でも受け入れてくれるでしょう。

ですが、同じ職場の仲間の中にはそれを面白く思わない人もいて、職場いじめのようなトラブルに悩まされてしまい、家事や育児を後回しにしてしまうなんて問題も起こるようです。

いざ働きはじめると、家事や育児のために融通の利く職場でも、気を使う場面を経験する人は多いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

専業主婦が共働きを始める時には、社会の壁を乗り越えることに苦労するのは覚悟しないといけないでしょう。

いきなり全てが上手くいくとは思わずに、家事の効率化を家族みんなで話し合ってください。
専業主婦だった頃と同じように家族が甘えない環境を整えないと、自分自身が潰れてしまいますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました