妻を女として見られなくなってしまう原因!夫を男として見ていない?

結婚・再婚

夫婦になると、夫のことを男として見られなくなる妻の愚痴はよく耳に入ります。

そして同時に、夫から女として扱われなくなったことへの不満もよく耳にします。

結局、双方が異性としての恋愛感情を失っていくので、お互い様なのかも知れません。

でも、そんな冷めた気持ちでいると、離婚の危機も高まってしまいます。

夫に女として見られなくなったのは何が理由なのか、自分自身を振り返ることも時々は必要なのではないでしょうか。

相手ばかりを責めるだけでは平行線なので、夫の気持ちを考えてみましょう。

ここでは、愛情が消えてしまいそうになった妻の言動や出来事をまとめています。

スポンサーリンク

妻を女として見られなくなる原因

既婚男性、または結婚経験のある男性がパートナーに対して、女性として見られなくなったきっかけや理由をまとめています。

子供の前で叱られる

妻は母親になってから、すっかり性格が変わってしまった。

子供に対して厳しくしつけをして、教育のことも一生懸命なのはわかるけど、家の中でも緊張していなきゃいけない。

ある時、休みの日に留守番を頼まれたので、のんびりと一人でゲームをしたり昼寝したりしてダラダラ過ごしてたら、帰宅した途端に「なんでこんなに散らかしているの!全く、きちんと留守番もできないの?」と子供の前で大きな声で叱られた。

まるで母親に叱られる小学生みたいな気持ちになって、男としても、父親としてもプライドがズタズタになった。

せめて子供の前では、もう少し言葉を選んで欲しかった。

叱られた後に子供の顔を見たら、複雑な表情してて、情けなさが倍増する。

それ以来、妻のことは女性としてではなく、この家のボスとしてしか見られなくなった。

家計が苦しいが口癖

うちはできちゃった結婚だったので、結婚と同時に妻は仕事を辞めて専業主婦になった。

妻の収入がなくても、親子が生活するくらいの稼ぎはあると思っていたのに、子供が生まれてしばらくすると幼児教室だとか、スイミングだとか、習い事をさせるようになり、子供にかかるお金が足りないと言い出した。

教育費はこれからもっと必要になるから、この先のことを考えて落ち着いたら仕事復帰すればいいから、それまではもう少し出費を抑えられないのかと提案してみる。

すると「もっと給料上がらないの?会社でのポジション大丈夫?」と収入に文句を言うようになった。

そりゃ十分じゃないと思うけど、やりくりの努力もして欲しい。

収入が減ったわけではなく、支出が増えるのだから、そりゃ苦しくなるはず。

だから工夫して欲しいし、節約も考えて欲しいし、それでも足らないなら2人で収入を増やせるように頑張ろうという気持ちにならないのか・・。

協力し合えない感じで、一気に冷めてきた。

家事のやり方に文句を言う

よその家の旦那の家事分担のことを嫌味のように繰り返すので、自分もできる限り家事をしようと頑張ってみた。

わざわざ「これやったよ!」とアピールするのはダメだと何かで見たので、何も言わずに黙ってやろうとおもって、風呂に入ったついでに風呂掃除をしてみた。

そしたら激怒。

残り湯を洗濯に使いたかっただの、使う洗剤が違うだの・・。

文句言われるなら何もしない。
そうなると「家事を一切しないのに共働きなんて不公平だ」と文句を言う。

自分のやり方じゃないと気に入らないなら、分担できなくても仕方ないと思う。

やってもダメ、やらなくてもダメ。

どうしたらいいんだよ。

子供扱いする

年上の彼女と結婚したから、多少はそうなると思っていたけど、子供扱いがひどすぎる。

自分も年上の彼女に甘えるのが心地よかったのもあるけど、結婚してからは完全に母ちゃんと同じ。

朝は着る洋服も決めるし、毎日ワンコインを手渡されて出かける感じ、ほんとに管理されている子供みたいで萎える。

一度、友達と電話で話しているのを聞いてしまったことがある。

「赤ちゃんと同じだから、私が何もかもしてあげないと駄目だから」と完全にガキ扱いしている。

家事をしない

バリバリと仕事をしているカッコいい彼女だと思ってたけど、結婚してからも仕事が優先で、家事をしない。

せめて自分のことくらいは自分でやって欲しい。

自分の洗濯物をそのまま山のように積んでいて、その山の中から全裸のまま下着を掘り出していた姿を見た時はさすがにがっかりした。

家に帰ると散らかった部屋の片づけが待っていると思うと、家に帰る時間を少しでも遅らせようとしている自分がいる。

家事は女性の仕事なんて思ってはいないが、今まで一人暮らしの経験がなかった彼女は、親に頼り切りの子供だったんだと気が付いてしまった。

何だかすごく残念な気持ちになった。

実家に帰ってばかり

妻の実家の近くに新居を構えたので、何かと実家に帰るのは新婚当初は気にしていなかったけど、子供ができてからは実家に入り浸ることがさらに増えた。

子供の誕生日、クリスマス、年末年始とかイベントはほとんど実家。

別に悪いことじゃないけど、自分の家でくつろぎたいのに妻の実家に行かなくちゃいけないのは気を使うから疲れるのに理解してくれない。

自分だけ家に残るようになったら、そのまま何日も泊まることも増えてきた。

「俺はホントに結婚したのか?」と寂しくなってしまうことが多くなった。

実家にいる時の妻は、まるでわがままな子供みたいで好きになれない。

スポンサーリンク

出産に立ち会った

周りの友達からも言われてたから、出産に立ち会うのは怖かったけど、親としての責任だと思ってせめてそばにいたいと思って立ち会った。

でも、あまりの痛さで泣き叫ぶのは覚悟していたが、「アンタは何でそんなに平然としてるのよ」と怒鳴られた。

腰をさすって欲しいというから手の平が熱くなるくらいさすり続けたのに、「そこじゃないって言ってるでしょ、バカなのか」とか散々だった。

普通の状態じゃない時だから忘れないといけないとはわかっているつもりだけど、あの形相が忘れられない。

外出しても楽しめない

運転免許を持っていない妻は、休日のドライブのたびに渋滞すると不機嫌になる。

車の外出だと機嫌が悪くなるなら公共交通機関で外出すればいいのに、電車やバスに乗るのも嫌い。

外出先でも、人混みにいくと機嫌が悪くなるし、人混みのない観光地に連れて行っても「こんな田舎じゃ大したお店もないね」と文句しか言わない。

付き合っている時はデートのプランに文句言わなかったけど、あれは何だったのか。

ホントは退屈していたのに、何も言わずにガマンしていたのなら、その時にちゃんと好みやセンスを理解し合えなかったのは問題だと思う。

一緒に外出しても楽しくないから、どこにも出かけたくなくなって、最近は休日も別行動になった。

気分にムラがありすぎ

女性は気分がコロコロ変わることが多いのは、ホルモンの影響だから仕方ないと母親から言われたことがあるので、多少のことは気にしないようにしていました。

ですが、「おはよう」を無視されて一日がスタートするのはとても気分が悪いです。

そんな日に限って、帰宅すると妙に上機嫌だったりするし。

情緒が安定しないのがホルモンのせいだとしても、誰かと一緒に暮らしているのだから、少しくらいは考えて欲しいと思う。

こんな感じの生活がこの先もずっと続くのかと思うと、正直言ってうんざりする。

愛情も目減りしていくのを自覚しているけど、どうしようもない。

関連記事:人には言えない!誰にも見せたくない!ダメことはやめられない!

女性として見られるために

男性が妻を女性として見られなくなった理由を見て、素直に反省したいと思う方はどれくらいいるでしょう。

自分のことは棚に上げて言いたい放題だよ

こっちにだって言いたいことは山ほどある!

こんな感じで敵対心を見せれば、さらに夫婦の溝は深くなるばかりでしょう。

どちらが先に相手を異性として見なくなったのかはわかりませんが、どちらが先にしても、結果としてお互いが異性として接しなくなったのではないでしょうか。

まずは、出会った頃の恋愛中の自分と比べてみてください。

どれほど変化したのか、自分自身で確認してみると、少しは旦那さんの気持ちも理解できるのではないでしょう。

夫を男として見ていますか?

旦那さんに女として扱われていない・・という不満の声は、既婚女性同士の会話ではよく聞きます。

男の本音から考えると、妻側にも原因があるので、素直に反省できる点があるのなら、これから旦那さんへの態度を改善しましょう。

女として見られなくなったのは、妻から男として扱われていないという不満が原因になっていることもあります。

そもそも、妻を母親代わりのように考えるのが悪い!

そう言いたくなる気持ちもわかりますが、まずは旦那さんをちゃんと男として見てあげることができなければ、一方的な要求で終わってしまうのではないでしょうか。

夫を男として見ることができないのは、夫側に責任がある・・。

もしもホントにそう思っているのであれば、女性として見てくれないという不満を夫に向けるのは間違いです。

どちらにも同じなのですから、不満をぶつけあうよりも、まずは自分が変わるしかないのではないでしょうか。

それがどうしてもできないのであれば、夫婦の関係を考え直してみてください。

男と女ではなく、人と人がパートナーシップを結ぶための結婚生活だと考え方を変えれば、お互いにラクになれるのかも知れません。

結婚しても、ずっと恋人同士のような夫婦でいたいと願っていても、それは難しいのかも知れません。

妻を女として見られなくなった、または夫を男として見られなくなった。

それが片方だけじゃなくどちらも同じように思っているのなら、それはそれで構わないと思いませんか?

夫婦というのは、ずっと男と女でいないとダメなんてルールはありません。

男と女の関係を超えて、親友のような夫婦になるのも素敵だと思います。

考え方を変えてみれば、問題なし!ではないでしょうか。

まとめ

夫たちにも、妻のことを女として見られなくなる理由があります。

何かのきっかけで気持ちが急変してしまうと、浮気や不倫に走りやすいので、自分の言動にも気をつけるようにした方が良いでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました